アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

プロフィール

     プロフィール              

筆者:島 M.ゆうこ

国籍:日本――現在カリフォルニア州在住

学歴:カリフォルニア州立大学歴史専攻2009年卒業 (名誉称号 Cum Laude)

職歴:産業翻訳15年、フリーライター

趣味:読書、ライティング、旅行、音楽(クラッシック)絵画鑑賞、映画鑑賞

好きなもの:植物の楓

執筆歴:英文エッセイ10年、グローバル・フォーラム投稿歴28ヶ月、人民新聞に3回掲載

自慢できること:一度始めた事は、途中で諦めないこと

米近代史の研究を通して政治の知られざる裏の世界を学びましたが、米国がなぜ建国後わずか230年程度で世界第一の経済大国になったのか、その秘密に深い関心を持ち続けています。政治問題を含めて、今自分の周りで何が起きているのかに無関心ではいけないと思っています。それが、書くことの動機に繋がっているのかもしれません。現在、適正年齢に達したほぼすべての米国民が恩恵を受けている、又は将来受けることになる連邦政府の社会保障制度やメディケア・メディケイドなどの医療システムは、ほとんど民主党が提唱したものであるため、政治的にはどちらかというと左翼傾向です。しかし、特に一定の政党を堅持することはなく、その時の指導者の思想的なものに共鳴できるかどうかに依ります。社会的な問題も含めて、総体的には個々の問題により、保守的な場合もあれば革新的な場合もあります。リベラル派は革新的及び進歩的であることに対して、保守派は変化を好まない傾向があると感じることが多々あります。リベラルと保守の二党制である米国の政治家にとって、このバランスを如何に保つかが重要な鍵であると思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。