アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Practical Reasons to Support Same-Sex Marriage 同姓間結婚を支持する合理的理由
On May 9th, President Obama announced that he supports same-sex marriage. On May 23, Colin Powell, who was the US Secretary of State from 2001 to 2005 when George W. Bush was President, also told the media that he supports gay marriages.

It has been a controversial issue for many years, but recent multiple polls show that support for same-sex marriage is at the highest level in U.S history. So, is it about the time for the federal government to repeal the Defense of Marriage Act of 1996 (DOMA), which was approved by Congress and signed by President Clinton in July, 1996?

The law proclaimed that marriage is a legal union between a man and a woman and denies federal sanction of same-sex marriage. It also permits states to choose whether to recognize same-sex marriage which are performed in other states.

Proponents of same-sex marriage argue that DOMA should be repealed because it is a violation of human rights, it is unconstitutional, it promotes violence, and it is unjust social policy.

DOMA is a violation of human rights because more and more evidence shows that sexual attraction is biological, not just a social phenomenon. The marriage laws which prohibit same-sex marriage in most states were probably based on the idea that homosexuality was a mental illness or lifestyle choice, so same-sex marriage was not rational.

Proponents also believe that DOMA is unconstitutional because the laws of marriage are made by each state, not the federal government. Most states have laws that prohibit same-sex marriage, but Massachusetts, New Hampshire, Connecticut, Iowa, New York, Vermont, and Washington DC permit same-sex marriage, and a few states do not have any laws about same-sex marriage.

Therefore, a same-sex marriage which is legal in one state may become illegal if the couple moves to another state. But a legal marriage in one state should be protected in all states, according to the Fourteenth Amendment.

DOMA also promotes violence against same-sex couples because denying marriage to same-sex couples tells society that same-sex couples are worth less than heterosexual couples. Probably, the Clinton administration has passed laws to fight against hate crimes, but hate crimes against sexual orientation have increased since the 1990s.

This is another reason why single gays and lesbians, as well as same-sex couples, have been increasingly experiencing tremendous stress, resulting in mental health problems and drug abuse.

This law also is unjust social policy because it deprives same-sex couples of legal rights or protections and financial benefits, such as inheritance rights, Social Security, and medical insurance benefits that are granted to heterosexual married couples, and makes it much more difficult for same-sex couples to receive child custody and visitation rights.

Therefore, repealing DOMA should promote stability in families, both heterosexual and same-sex, especially because it will help to promote better lives for any children in such families.

5月9日、オバマ大統領は、同姓間結婚を支持すると公表した。5月23日、ジョージ・Wブッシュ大統領当時、2001年から05年まで、国務長官だったコリン・パウエル氏も同姓間結婚を支持するとメディアに語った。

長い間、論争的な問題であるが、最近、多数の世論調査は、米国民の支持率が米国歴史上、最大に達したことを示している。議会が承認し、前クリントン大統領が1996年7月に署名した結婚守備法、通常ドマと呼ぶこの法をそろそろ撤廃する時がきたのだろうか?

この法は、結婚とは一人の男性と女性の法的結合であるとし、同姓愛者間のカップルの結婚を禁じることを宣言した。また、この法は各州にも同姓愛者間の結婚を認めるかどうかを選択できる権利も与えた。

同性間結婚の支持者は、ドマは人権の侵害であり、憲法違反であり、暴力を促進し、不当な社会政策であるとし、その撤廃を主張している。

最近の研究で、同性愛は生物学的なものであり単なる一時的な社会現象ではないことが証明されるようになったため、ドマは人権の権利を妨害する。ほとんどの州で同姓間結婚を禁じる心理的理由として、おそらく同姓愛者は精神的に異常であるか、そうでなければ非伝統的なライフスタイルを選択しているにすぎないので合理的なものではないとの解釈によるものと思われる。

支持者は、結婚法は各州でそれぞれ制定されており、連邦政府によって制定されるべきではないのでドマは憲法違反であると信じている。ほとんどの州は、同姓間結婚を禁じているが、マサチューセッツ、ニューハンプシャー、コネチィカット、アイオワ、ニューヨーク、バーモント、ワシントンDCは許可しており、2~3の州が同姓者間結婚についての法を制定していない。

従って、ある州で認められていても、そのカップルが認められていない州に移転すると不法になる場合もある。米国第十四条憲法改正に従うなら、法的に認められた州で結婚したカップルは、他の全ての州で保護されるべきである。

ドマは同姓間カップルは異性間カップルより憎悪犯罪の対象になりやすいため、暴力を促進する。おそらく、クリントン政権は、憎悪犯罪に対処するため、この法を制定したのだろうが、1990年代から、憎悪犯罪は増えており、この種の犯罪は同姓愛者に対する例も多く、著しいストレスを経験しているゲイやレスビアンに精神不安定をきたし、薬物を乱用する例が増えていることが社会的な問題になっている。

更に、この法律は同性愛者のカップルに対しては、通常の夫婦に与えられている相続権、社会保険制度、及び医療保険など、法的権利や財政給付などの保護を拒否しているため、不当な社会政策である。故に、同性愛者のカップルは子供の養育の義務や施設などの訪問が著しく困難な状態である。

従って、ドマの撤廃は、異性間および同姓間の家族の安定性を保持し、特に子供のためには好ましい生活の促進を可能にするはずである。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。