アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2012年7月8日 のアーカイブ

選挙献金乱用増加で急務となった公表法の制定

11月の大統領選挙キャンペーンは、歴史上初めて無限の選挙献金が利用できる点で過去の大統領選挙とは若干異なる雰囲気がある。2010年1月、最高裁は、憲法第一条の言論の自由に照らし、企業、組合も人であるため、選挙資金献金の限度を定めることを違憲とする判定を下した。また、6月、最高裁はモンタナ州が1912年から保持してきた、企業の選挙献金を禁じる法も違憲としたことで、公的に個人、組合、企業による無限の選挙献金が可能になった。選挙献金に関する相次ぐ最高裁の決定は、言論の自由に基き支持する側と、金力が及ぼす政治的影響を懸念する側との論争で国を二分している。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。