アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2012年7月15日 のアーカイブ

テキサス州の有権者ID法は憲法違反

15日の『ロスアンゼルス・タイムス』紙に紹介された法学者、ブルース・アッカマン教授の報告によると、テキサス州の有権者ID法は、1964年に制定された米国憲法改正第二十四条に反すると主張していたことが判明した。同州が規定した、写真付きID法は差別的な投票税(Poll Tax)であり、貧困者の投票を妨害するものであるとして、米国司法長官エリック・ホルダー氏が指摘したのはまさにこのことである。アッカマン教授は、司法省が投票権法(Voting Rights Act)の特別条項に基いて、歴史的差別から影響を受けやすい少数派グループを守るため、テキサス州の有権者ID法を一時的にブロックしたことは正しいと述べている。これは、テキサス州と同様の有権者ID法を施行する州にも波紋することは確実である。 (さらに…)

不正投票と不正登録を防ぐ入念な努力

フロリダ州は、投票の不正登録者を探し出す目的で、更に入念な有権者IDチェックの為の準備を開始した。14日の『ニューヨーク・タイムス』紙は、共和党支持派の努力として、米国市民ではない住民の投票登録を阻止するため、フロリダ州の選挙管理人らが、連邦政府が保持する「市民権を保持していない住民のデーター・ベース」にアクセスすることを連邦政府に求め、その許可を得たと報じた。 オバマ政権の国土安全保障省は、データーのアクセスを封鎖する努力をしていたが、数ヶ月間政府に交渉を試みてきたフロリダ州の共和党知事リック・スコット氏に許可したことが14日公式に伝えられた。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。