アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2012年7月19日 のアーカイブ

オバマ氏の税制改革法案と国民の支持傾向

11月の大統領選で、国民が最も注目している課題のひとつに税金問題がある。2009年1月の就任以来、オバマ大統領は、年間収入25万ドル以上の世帯を課税対象にしているが、共和党議員はG. Wブッショ政権が制定した全国民の減税法に固執している。そのため、オバマ氏は数回妥協し延長を繰りかえしてきたが、来年1月に期限切れになる。この税制改革に関する両党間の協議はまだ合意に至っていない。オバマ氏は、年収25万ドル以下の世帯には現状の税法を維持し、25万ドル以上の世帯の増税を提案している。一方、共和党議員らは、ブッショ政権の減税を変更なしに今後1年間延長することを主張している。期限までに両党が合意に達せず、何の対策もなされない場合、自然的にブッショ政権以前の税率に戻ることになる。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。