アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2012年7月24日 のアーカイブ

1960年代以来最も高い米国の貧困率

22日の『AP通信』が発表した調査結果によると、米国の今年の貧困率は1960年代以来もっとも高いことが判明した。12名以上の無党派のリベラルおよび保守派の経済学者、シンクタンク・グループ、学者らが実施した調査によると、公式な貧困率は2010年の15.1%から2011年には15.7%まで増大するとし、1965年以来、最も高い貧困率であることが判明した。2011年には米国人口の約4700万人、または6人に1人が貧困状態であると報告している。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。