アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2012年7月29日 のアーカイブ

医療保険改革法の理想と厳しい医者不足の現実

オバマ大統領の医療保険改革法は、2014年までに新たに30万人が医療保険に加入できることが予測されているが、現状は医者不足であることが判明している。28日の『ニューヨーク・タイムス』紙によると、特にカリフォルニア、ミシシッピー、デトロイト、アリゾナなど各州の特定の地域で、形成外科や皮膚科を除く全ての分野で医者が不足しているという。アメリカ医療大学協会(AAMC)の推定によると、2015年には約63000人の医者が不足し、2025年までには、医療保険改革法が拡大し、現在のベビー・ブーマー世代の医療アクセス需要も増大するため、医者不足は更に2倍に増えることが予測されている。例え医療保険改革法がなかったとしても、10万人以上の医者不足が問題になりそうだ。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。