アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

無党派州の支持現状

選挙日まで残すところ19日となった今日、両候補は最後の戦いに全力奔走している。オバマ、ロムニー両氏にとってボトル・グランドと呼ばれる無党派〔挑戦州〕の支持率が気になるところである。10月18日現在で、最大手のニュース分析、世論調査会社の『リアル・クリア・ポリティクス(Real Clear Politics)』がまとめた結果によると、現状は、拮抗状態に近いが、12の挑戦州のうち8州は、オバマ氏がリードている。また、オハイヨ州で、勝利しない大統領候補者は当選しないと言われるほど重要な当州でもオバマ氏が現在、若干リードしている。

ボトル・グランド                    オバマ氏          ロムニー氏

バージニア                          48.4                   47.6

フロリダ                                46.8                  49.3

オハイヨ                                48.4                  46.0

ウイスコンシン                      50.0               47.2

コロラド                                  47.7               47.9

アイオワ                                49.3               46.0

ニューハンプシャー             48.3               47.5

ネバダ                                  49.0               46.3

ノース・キャロライナ            44.7              50.3

ミシガン                                48.6               43.6

ペンシルベニア                   49.7               44.7

ミズリー                                44.0               51.7

挑戦地となっているこれら12の無党派州で、ロムニー氏に現在優勢となっている州は、フロリダ、ノース・キャロライナ、ミズリー州の3州のみである。他の州では、オバマ氏に優勢であるが、大差は無いため、油断を許さない状態である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。