アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

今朝、当地時間午前9:30頃、ニューヨークから北東に97キロ離れたコネチカット州の人口3万以下の小さな平和な町ニュータウンにある サンディ. フック小学校で銃乱射による大量殺戮事件が発生。被害者はほとんど子供という、米国史上最悪の悲劇として、今日テレビでのニュースはこの事件に集中している。

警察当局は、犯人は20歳のアダム.ランザであると発表した。襲撃犯人も遺体で発見されたが、死亡の原因は現在不明である。少なくとも3つの武器が発見されている。2つは建物内で発見されたピストル 、1つは犯人が運転していた車内で発見されたライフルである。最初、校長が 殺害された後、少なくとも2つの教室で銃乱射が発生したと報じている。建物内で銃声を聞いた子供たちは部屋のドアに鍵をかけ、部屋の片隅や押し入れに隠れるよう、先生に指示されたと子供達は説明している。

CNNが報じた当地の警察当局の記者会見では、負傷者1名、死亡数は襲撃犯人も死亡したため合計27名である。そのうち殺害された20名は子供たちであると伝えている。 ほとんどの遺体はこの2つの教室内で発見されたと報じている。驚くことに、事件の5〜6時間後 、この学校の先生であり、犯人の母親である、ナンシー.ランザの遺体が自宅で発見された。その後、犯人の兄である24歳のライアン. ランザがニュージャージー州のホーボーケンで尋問のため連行されている。最初の時点では、襲撃犯人を24歳のライアン. ランザと伝えていて、ほとんど確実なことは判明しておらず、情報も錯乱し、関係者らも混乱した様子を伺わせている。動機や 遺体の身元確認など、FBIと州の警察当局、騎兵隊は大規模な捜査を行なっている。

連行されたライアンは、弟のアダムは精神病歴があると警察に語っていることが伝えられている。 現在のところ、テロ、または複数の犯行の可能性は確認されていない。地元の住民はアメリカで最も安全な地域と信じていただけに大きなショックを受け、悪夢だと語っている。

オバマ氏はホワイトハウスから5分程度の短いスピーチを行い、被害者に哀悼の意を述べた。悲劇に直面したのは、これから、様々な未来があった5歳から10歳くらいの綺麗な子供達であったと語りながら、普段は見せたことがない悲しみの表情で言葉さえ詰まる瞬間を2回見せた。「今日、我々はひどく悲嘆にくれている」と話し、いつもこのような事件を知るたびに大統領してではなく、他の家族と同様、親として反応するが、特に今日はそうだと語った。簡単な短いスピーチには 銃規制の言葉はなかったが、このような悲劇があまりにも頻繁に発生することを憂いながら、「意義のある措置のため一緒に行動する必要がある」と銃規制を暗示する言葉を述べた。

サンディ.フック小学校銃乱射襲撃事件の写真はこのリンクから閲覧可能です。

http://www.businessinsider.com/sandy-hook-elementary-shooting-newtown-connecticut-2012-12

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。