アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

本格的な銃規制の動き

ダイアン.ファインスタイン

今、銃規制が重要なメディアの課題になっている。16日ニュータウンで行われた最初の葬式に参加したオバマ氏は、「これ以上は耐えられない。このような悲劇は終わらせなくてはならない」と述べ、 このような 残酷な銃による暴力を繰り返えさないため、大統領として、今後全力を尽くすことを誓う意味のメッセージを伝えた。

銃規制の声を最初にあげたのは銃規制提唱グループの一人であるニューヨーク市長のマイケル. ブルンバーグ氏である。16日、NBCニュースに出演した市長は「大統領が立ち上がり、銃規制をリードする時がきた」と語り、「米国の大統領として、これを最優先課題にするべきである」と述べ、二期目に何もしなければ、来年、数万人以上のアメリカ人が不法銃で殺されるだろう、と銃規制の必要性を強く訴え、オバマ大統領が積極的に対処するよう要請する声明を行った。

その後、各種のテレビ.ニュースは、銃規制問題を頻繁に取り上げている。カリフォルニア出身の民主党上院議員、ダイアン.ファインスタイン氏は、来年1月新議会が始まると同時に、新たな銃規制法案を議会に提起するとCBSニュースで語った。その法案の構想は、今後、アサルト銃、高容量の弾倉および弾丸10個以上を挿入できる銃の販売、輸送、輸入、および所持を禁止することである。ファインスタイン氏は、新議会の初日にこの新たな法案を上院および下院議会に紹介すると語った。1年前からこの法案の制定に取りかかっていて、「アメリカは銃規制を受け入れる時がきている」ため、合理的で無理のない法案制定なら必ずできるとの確信を示し、 全国レベルでこの法案を支持するための委員会も発足させると語った。

民主党の上院院内総務ハリー.リード氏は、ファインスタイン氏の要請を受けて、初めて上院議会で銃規制の討議を行うことを提案した。長年銃規制に消極的だった複数の議員は、このショッキングな事件後、銃規制のスタンスを変えはじめている。その中の一人は、全米ライフル協会(NRA)に強力な政治力があるというのは錯覚であり、そんな「錯覚を恐れるより銃を恐れる方が理性的だ」と語った。

NRAは「銃が普及するほど犯罪は減少する」というポリシーを掲げている。同組織はサンディ. フック小学校の襲撃事件のコメントは避けている、とメデイアは報じていたが、ようやく、本日、悲嘆と哀悼の意を伝えるメッセージを発表した。一方、これほど国民を震撼させた事件に直面しても、銃規制の討議に参加することを拒否している議員も多く存在する。従来、銃保持の権利を支持している議員らは、精神異常者の犯罪は銃規制だけでは根本的に解決しないと主張している。また、銃規制の問題は、精神異常者の問題に加えて、暴力的なゲーム、映画、テレビ番組などの問題も絡んでくるため、 現状を変えることは困難であり、問題は複雑であると否定的である。

確かに、今年発生した銃乱射事件の犯人はほとんど、多少なりとも精神異常者である。精神異常者の対処は一番厄介な問題であるが、米国には銃の数が多すぎ、また、銃が簡単に犯罪者の手に渡っている状況が放置されているという点では実に単純な問題であり、これを規制することはさほど難しいことではないはずである。リード氏も、精神異常者の暴力は、銃規制では解決しないかもしれないが、現状は、「銃の暴力から国民を十分に保護していない」と指摘している。18日のCNNニュースによると、サンディ.フック小学校での銃乱射事件発生直後、ホワイトハウスのスポークスマン、ジェイ.カーネイ氏は、「2004年に期限切れになったアサルト銃を禁止する法案の復活をオバマ大統領は考慮している」と述べた。

保守派傾向の番組モーニング.ジョーも、「銃規制は大きな政府の紛争である」としか考えていなかった保守派の多くの議員らが、先週の金曜日以降、「銃規制は公共安全に必要である」と、彼らの考え方が180度変わったため、ニュータウンでの襲撃事件は全てを変えたと伝えた。18日のCNNニュースによると、ジョンズ.ホプキンス.センター銃政策研究所のディレクターは、複数の議員らが銃規制法案の制定に動き出したことは以前とは違う現象であると述べ、サンディ.フック小学校の悲劇はクリスマスの2週間前であったこと、大半の被害者が幼い子供達たちであったことが心理的に多大な影響を与え、議員らを動かす要因になっていると語っている。また、 ホワイトハウスは17日から、ホームページ上のWe the Peopleに、銃規制の請願署名を受け付けている。 CBSニュースの世論調査によると、一般国民が強力な銃規制を支持する率は4月の39 %から、事件後は 57%に上昇し、10年以来の記録的高さを示している。来年は銃規制法案の動きが本格化し、今回の悲劇が現状を変える方向になる気配がある。

————————————————————-

サンディ.フック小学校の被害者の写真は下記のURLからリンク可能です。

http://www.providencejournal.com/incoming/20121218-victims-at-sandy-hook-elementary-school.ece

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。