アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2013年2月4日 のアーカイブ

過去の移民改正法の教訓を活かすべき

ロナルド.レーガン政権の二期目時代に超党派の提案による包括的な移民法が通過したことがある。当時はまだ不法移民の数も現在ほど多くなく、労働需要も高かったため、今日の両党の議員と異なり、レーガンは移民の議論に関しては「最も含みのある表現を恐れずに使った」と3日のワシントン.ポストは報告。当時レーガンは「不法入国した場合であっても、根をおろし、ここに住んでいる人たちに恩赦を与えるアイデアは正しいと思う」と語った。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。