アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

先史時代には、現代のように、優れた口内衛生の道具や製品は何も存在しなかった。しかし、先史時代の人類は現代人より、口腔の健康は優れていたことが専門家の研究により明らかになった。

24日のナショナル.パブリック.ラジオによると、狩猟採集時代の人類の歯はとても健康であったが、農業人口が増えるに従って、人類は歯周病や虫歯と戦うようになり大きな変化が起きてくると述べている。これは、食生活の変化が主な要因である。この研究グループは、オーストラリアとイギリスの複数の学者グループであり、発掘された古代の人骨から34の歯の石灰化歯垢を研究し、現代人の歯と比較した結果をネイチャー.ジェネティクス に発表している。

その発見によると、「人類の進化の中で二つの最も大きな食事の変化は、新石器時代からの炭水化物の豊富な農産物と産業革命時代からの加工小麦と砂糖である」という。人類の食生活は先史時代の肉食から次第に野菜、炭水化物、糖類が大幅に加わり変化したため、口腔細菌の構成も変化している。口内の微生物はより危険な病原体から守る役目もあるため、全ての口腔細菌が悪性ではないが、研究者は、 そのような良性の口内細菌に勝る、特に炭水化物に有効である一定のタイプの病原菌が口腔細菌を増やす原因になっているという。

要するに、産業革命時代に文明は人類の食生活に精製小麦と砂糖を加えたことが口腔環境を悪化させた要因であり、現代人に定着した口腔病原菌の問題であるという。現代人が古代人のように健康な歯を保持するためには、口腔内病原菌を増殖しやすい炭水化物や糖分を減少し、バランスのとれた食事に変えることが口内細菌の生態系を変えることであると示唆している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。