アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

ニューヨーク市長マイケル.ブルンバーグは、1,200万ドルを投じて銃規制広告キャンペーンを開始した。ターゲットになる視聴者は議員である。25日のCBSニュースによると、重要な13州の民主党および15人の共和党議員に対して銃規制を支持するようアピールすることが目的である。特に、ブルンバーグは、アサルト銃の規制は暫くありそうもないため、ユニバーサル.バックグランド.チエック(UBC)の法案制定を実現させたい熱意を表明している。

これに即時反応したのは、全米ライフル協会のCEOウェイン.ラピエールである。NBCに出演したラピエールは「彼は、この国は人民による人民のための人民の国であることを知るだろう。国民は、彼らが何を食べるか、自己防衛のためどんな銃器を所有するべきか指示してほしくない。彼はアメリカを買うことはできない。全体的な銃問題に関する彼のコメントは無謀だ」と反発した。

ブルンバーグはこれに対抗し、「NRAは長い間銃規制の論争を独占している」と反論し、幾らかのお金を使うことでNRAだけが唯一の声になっているその問題を一般に理解させることが可能であれば、それは価値的なお金の使い方であり、そうする義務があると日曜日のトーク.ショーで語った。また、90%の国民が支持しているUBC法案は勝利すると述べ、アサルト銃規制にたいする個人の考え方は違うため難しい問題であるが、諦めるべきではないと指摘した。

ブルンバーグの広告キャンペーンは、 アサルト銃禁止には 触れず、バックグランド.チエックの拡大を強調しているだけであると言われているが、それさえも反対論を展開しているラピエールの常識性が疑われている。銃規制は、その反対者の利害関係に基づく個人的感情が多分に反映しているため、12月14日のニュータウン事件後、3ヶ月以上が経過した現在でもUBC法さえ制定されていない現状である。しかし、上院議会は4月、UBCの促進 、密輸銃の対抗措置、学校の安全性を含む包括法案を投票する予定である。

3月22日のクウイニピアクの世論調査は、銃保持者も含む米国民が米国史上圧倒的なUBC法案制定を支持していることを報告した。フロリダ州では91%が支持し、8%が不支持または反対した。コネチカット州では93%が支持し、6%が反対。オハイオ州では90%が支持し、8%が反対。ペンシルベニア州では95%が支持し、5%が反対。ニュージャージー州では96%が支持し、3%が反対。バージニア州では92%が支持し、7%が 反対した。これほどまでに銃規制論争が白熱し、何らかの規制を求める声が高まっているのは前代未聞である。この世論調査結果は、 銃を保持することの意味とその責任を国民が考え始めたため、ニュータウンの事件は何かが変わりつつあることを示唆している。議会は、銃が犯罪者や精神異常者の手に渡らないことを希望する90%以上の国民の正義感に答える必要がある。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。