アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

ボストン爆破テロの容疑者の一人として、19日に逮捕された弟のジョカァルは、手足、頭部、首、舌などを負傷していて、重傷であるが安定した状態であるようだ。しかし、話すことは困難であり、永久的に話すことは不可能になるかもしれないと言われている。舌の負傷の原因は現在でも明白ではないようだ。捜査当局は、警戒厳重なベス.イスラエル.医療.センターで尋問の機会を待っていたが、昨夜意識を回復し、特別捜査チームの質問に手書きや動作で応答しているという。今日22日午後6時頃の最新ニュースでは、他のグループは関与していない兄弟二人だけの犯行であり、 熱狂的な宗教が動機ではないかと見られている。今日、連邦裁判官や数人の弁護士などを伴った尋問が病室で行われたという。尋問の内容は公表されていない。

警察当局はジョカァルを逮捕したとき、黙秘権と弁護士立ち会いを要求する権利として知られるミランダ権利を与えることはなかった。当局は、このケースを例外として、法に基づき、公共の安全性を優先したためであると説明している。彼の処分について、 議員の間で民間裁判の機会を与えるべきであるかどうかについて意見が別れているという。マサチューセッツ州の法律は死刑を禁止しているが、通常、大量の破壊兵器を使用し、複数の市民を殺害し、多数の国民を負傷させた今回のようなテロ行為の罪罰は死刑であるという。ホワイトハウスの報道官ジェイ.カーニーは、ジョカァルは米国市民であるため、連邦裁判で法の裁きを受けることになるだろうと伝えている。

比較的早い逮捕となったが、 この事件の周辺には不可解な点が多い。2011年、ブレンダン.メスという名のタメランの最も親しかったアメリカ人の友人が殺害された事件があったことをロイターが報じている。この事件は、まだ未解決のままであるという。この事件と何らかの関連があるのか疑問視されている。また、容疑者の家族は、タメランは数年前から信仰に深く傾注するようになったが、過激な行動や発言はなかったという。また、2011年、 ロシア政府はタメラン容疑者がアルカイダに関与している可能性を提起したため、FBIにマークされたが、その根拠は一切発見されなかった。色んな点で疑問が多い事件であるため、21日の NBCニュースは今後解明されるべき様々な疑問を提起している 。

Ÿ他の攻撃計画があったのか? 当局は、手製の爆弾、手榴弾、銃など様々な武器を複数の犯罪現場で回収している。従って、ボストン.マラソン爆破は最初の計画だったと推定されている。海外のテロリストがこの爆破の背後にいたのか? 両親の話によると、タメランは、2012年1月、最初モスクワを訪問し、その後ダゲスタンやチェチェンを6ヶ月間の予定で旅行したという。しかし、家族は、タメランは親戚を訪問し一緒に過ごしていたと話している。イスラム過激派のグループが関与していたか? タメランがイスラムの過激派と関与があったかどうか不明の状態である。また、ロシア当局は、彼がテロリストとのつながりがある可能性を示唆したが2011年、FBIが調査したときはその証拠は一切発見されなかったという。ボストン.マラソンをなぜ爆破攻撃のターゲットにしたのか? 二人ともアメリカでの生活に順応するため、多少の問題はあったかもしれないが、兄はある時点でボクサーとしてオリンピック参加の可能性があり、弟は、米国市民であり頭の良い十代であったため「これは最大のミステリーである」という。総じて、兄弟は米国社会に融合していたようだ。

爆弾は自家製、又は他人が関与したのか? 圧力鍋を利用した爆弾の作製は比較的簡単でシンプルなデザインであるが、携帯電話で爆発を引き起こす電気的な技術の知識と能力をどこで習得したのか疑問視されている。アルカイダや他のグループはこのような爆弾装置の作り方をインターネットに掲載していると言われているが、ある程度の準備や知識がなければできないことであると捜査当局は述べている。爆破があった翌日の火曜日、ジョカァルはマサチューセッツ大学に登校している。兄のタメランもケンブリッジの自宅に戻っている。同級生は普段と変わらないジョカァルを目撃し驚いている。二人は爆破直後、少なくとも数日間は警察に逮捕される可能性を予期していなかったのではないかと推測されている。

タメランの直接的な死因は何か?  車で 逃走中、ウオータータウンの警察と兄弟の銃撃戦が始まり、その最中に兄は死亡したと言われていた。警察署長がボストン.グローブに語った内容によると、二人は、木曜日にケンブリッジのマサチューセッツ工科大学の警備員を射殺した後、その近くでスポーツ車をカージャックした。カージャックされた被害者は、携帯電話を車に残しておいた為、警察は二人が同伴であることを悟り追跡を開始した。その後、二人はウオータータウンで別々の車で逃走し、6人の警察官と兄弟との間で銃撃戦が始まり、少なくとも200回の発砲があった。その際、圧力鍋による大きな爆発が発生した。その数分後にタメランは、警察官の方向に歩きながら銃を発砲したが、弾が切れたため、警察官は彼を逮捕するチャンスがあったという。手錠をかけるのに手間取っていた時、ジョカァルの運転するスポーツ車が複数の警察官らをめがけて突進してきたため、彼らは方々に逃げ去った。この瞬間、ジョカァルは兄を跳ね、車の下にしばらく兄を引きずったという。検死結果の報告によると、車に跳ねられて死亡したということになっているが、その彼の死因は公式に当局が発表していないため、疑問視されている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。