アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

日曜日のCBSの政治インタビュー番組Face the Nationに今朝出演したニューハンプシャー出身の共和党上院議員、ケリー.アヨットは、 8人の超党派の議員が提案し、5月 21 日に上院司法委員会で承認された包括的移民改正法案を意外にも支持すると語った。

番組のホスト、ボブ.シーファーにその理由を聞かれたアヨットはこの法案を「非常に慎重に見てきた」と語り、現在の移民法は完全に崩壊しているため新たな改正が必要であるが1,100万人は不法という日陰で生きていると述べた。また、合法的な移民法は経済成長に必要なニーズに適合していないため、「難しい問題に対処するための解決策」であると思うと語った。彼女は自分のウエッブ.サイトに米国は「移民の国として、我々すべては向上の人生を求めてこの国に来た人たちの子孫であることを忘れてはならない。過去の世代には、移民は我々の国を文化的および経済的に豊かにしてきた。 隣人から隣人に至まで、我々は全員がこの国の建設に貢献した移民の夢と勤勉さを受け継いでいる」と書いている。

元弁護士のアヨットは2011年から上院議員を務めているまだ新しい存在であるが、2012 年の大統領選挙では、ポール.ライアン以外にミット.ロムニーの副大統領候補として可能性のあった人物である。また、銃規制であるバックグランド.チェック法案に真っ向から反対表明をし、4 月 17日の投票に賛成票を投じなかったため、特に女性の民主党議員からかなり批判を浴びた議員である。その彼女が、5月21日 、 13対5の投票により上院司法委員会で承認された8人の上院議員が起草した移民改正法案を支持すると公表したのはおもいがけないことである。しかも、彼女のこの支持は、マジック.ナンバーとして重要な位置をしめる。

この法案が超党派(民主党4名、共和党4名)の草案である事は、現在広く知られているが、なぜ彼女の支持表明はマジック.ナンバーと呼ばれるほど貴重なのか?その理由は、議事妨害に対抗し、上院で通過させるためには60票が必要である。しかし、上院議会の民主党は54名であるため、4名の共和党の起草者であるジョン.マケイン(アリゾナ)、リンジー.グライアム(サウス.キャロライナ)、ジェフリー.フレイク(アリゾナ)、マルコ.ルビオ(フロリダ)に加えて、先に支持を表明したオリン.ハッチ(ユタ)に、ケリー.アヨットが加わると、民主党全員が投票すると仮定した場合、ちょうど60票に達するからである

仮に、民主党54名のうち何名かが反対票を投じても、他の共和党議員がその穴埋めをする可能性もあるため、上院議会通過の可能性はアヨットの支持表明により益々高くなっている。70票を得ることができるのではないかとの楽観的な見方もあれば、まだ60票には達していないとの悲観的な意見もある。いずれにしても、オバマ氏は最初、年内に制定の署名を期待する声明を行っていたが、現在では初秋頃までには自分の机に法案が置かれることを希望していると伝えられている。銃規制問題で極右的な立場を主張し、移民問題ではかなりリベラルな思想を持つ彼女のマジック.ナンバーの影響力が今後注目される 。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。