アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

世界保健機関(WHO)が20日に発表した報告によると、世界規模で女性に対する暴力は記録的な高さを示している。特に、ほとんどのケースは、夫または同棲者であるパートナーによる家庭内暴力であり、結果的に女性の健康問題に深刻な影響を与えている。米国では、女性に対する性的暴力は著しく減少した。

WHOの発表によると、世界の女性の38%は親密な関係にあるパートナーである男性の暴力が原因で死亡し、パートナーによる身体的または性的暴力を受けた女性の42%はその結果負傷している。女性の精神傷害の主な原因はパートナーの暴力であり、パートナーの暴力を経験している女性は経験していない女性に比べて、ほぼ2倍の高さで鬱病に陥り、精神衛生上深刻な問題に直面している。また、 親密な関係にあるパートナーの暴力を経験している女性はアルコール依存症になる率も他の女性に比べてほぼ2倍高いという。パートナーの身体的及びまたは性的暴力を経験する女性は 梅毒感染、クラミジア、淋病などの性感染症で苦悩する可能性も1.5倍高い。サブサハラ.アフリカを含む幾つかの国ではHIVに感染する率も1.5倍高いという。パートナーまたは非パートナーである男性の性的暴力で、希望しない妊娠や中絶をする率も増大している。身体的及び又は性的暴力を経験している女性は、暴力を経験していない女性より中絶する可能性が2倍高い。更に、パートナーの暴力を経験する女性は、低体重出生児を出産する可能性が16%高いことが報告されている。

衛生及び熱帯医学のロンドン.スクールと南アフリカ医療研究評議会の研究に基づくWHOの発表は、世界の女性の35%が親密なパートナー又はパートナーではない男性による何らかの暴力を経験していることが判明した。この研究で明らかになったことは、親密なパートナーによる暴力が最も共通した女性に対する暴力であり、世界中の30%の女性に影響を与えている。これらの女性の心身的健康問題は男性による身体的及び又は性的暴力が主要因であることが重要な研究報告の主要点であると思われる。一方、米国では、女性に対する身体的及び又は性的暴力は著しく減少している。3月の米国司法省の司法統計局による発表では、 レイプおよぶ性的暴力は1995年の556,000件から2010年には270,000件に減少した。これは、1994年に女性に対する暴力法(VAWA)が制定された後、連邦政府が罰則を強化したことが主な要因である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。