アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

8月, 2013 のアーカイブ

中途半端な連邦政府の新銃規制

ホワイトハウスは29日、大統領の権限を利用して2つの銃販売の抜け穴を封じる計画があることを発表した。副大統領のジョー.バイデン氏はアルコール.  タバコ. 火器及び爆発物取締局(ATF)の新局長トッド.ジョンズ氏の就任式でその概要について語った。 (さらに…)

イギリス議会はシリア攻撃を拒絶

イギリスは昨夜、急遽投票を行ったが、272対285の圧倒的な票差で英国議会は シリア攻撃を拒否した。この投票結果により敗北を味わったデビッド.キャメロン首相はシリア攻撃を断念せざるをえない結果となった。米国は最も頼りにしていた同盟国の協力を失ったと伝えられている。一方、ロシアは英国議会がシリア攻撃を拒否したことを歓迎し、その決断を高く評価した。

オバマ氏は、シリア攻撃についてはまだ決定していないと言われているが、大統領の一部周辺では、攻撃を積極的に考慮している動きもあり、国連査察団の調査結果が報告される前から何かとせわしいようである。特に、大半の米国民はシリア攻撃に反対しているため、国民の意識を変えるプロパガンダ作戦の準備をしているようである。また、 98人の共和党と18人の民主党議員は、大統領が決定する前に議会の認可を要請しているにも関わらず、大統領には単独で決定する権力があると主張する人達がいる。30日のガーディアン紙は、オバマ氏は「親しい友人国である英国に引き続き相談する」意志があるとし、「オバマ大統領の決定は、米国にとって何が最大の関心であるかでその方向性は決まる」と伝えている。

シリアの化学兵器に関する現状の要点

現在、国連の査察団はまだ調査中であるが、オバマ政権は、化学兵器を使用して数百万の無実の市民を殺害した責任はシリアのアサド政権にあると確信している。シリアに対する何らかの処罰的措置が論議されている折り、オバマ氏の考えや議会の意向はどうなのか、シリアの化学兵器に関する不明点、攻撃する場合の選択の可能性、シリアへの軍事介入に対する世論など、国際的に最も論争的になっているこの問題の現状について、幾つかの重要なポイントを知る必要がある。 (さらに…)

キング50周年記念のオバマ氏のスピーチ

オバマ大統領はマーチン.ルーサー.キング.ジュニアの50州年記念日である今日の集会に参加した。推定250,000以上の参加者および、ミッシェル夫人、副大統領ジョー.バイデン、バイデン夫人のジル、ジミー.カーターおよびビル.クリントン元大統領らが参列する中、50年前キングがスピーチを始めた午後3時頃演台に立った。この50年間で人種的な平等性には大きな進歩があった反面、経済的側面で平等を目指す行進をまだ止めることはできないと鼓舞し、情熱的なキング.スタイルのスピーチを披露した。 (さらに…)

キングの「私には夢がある」スピーチから50年

8 月 28 日の今日は  1963 年、公民権運動のリーダー、マーチン.ルーサー.キング.ジュニアがワシントンのリンカーン.メモリアルで有名な「私には夢がある」スピーチを行い、250,000人が行進した50周年記念日である。50年後の今日もまだ人種の平等と正義を求める公民権運動は続いていることを明白にしたイベントである。 (さらに…)

住宅価格は緩慢ながらも回復の兆し

6月の米国の住宅価格は7年ぶりの高値をつけ、12.1%上昇した。しかし、専門家は毎月の上昇率はほとんどの市場で低速ぎみであり、高い住宅ローン金利が住宅価格の回復を鈍化させていると述べている。 (さらに…)

深まるシリア政府に対する 疑惑と怒り

シリア政府は、昨日国連の化学兵器専門家らがダマスカス郊外の毒ガス被害現場を訪問することを認可した。しかし、5日間も待たされたため証拠は隠滅されたとの疑いが出ている。更に、国連査察団の車がスナイパーに射撃された事などの状況から、米国政府は、シリア政府が化学兵器で罪のない市民を殺害したことを否定する余地はないと公表した。 (さらに…)

ヨセミテ近辺の山火事で飲料水資源が汚染

カリフォルニアは州史上最大の山火事に直面しているため 同州の知事ジェリー.ブラウン氏は24 日緊急事態を宣言した。25日はヨセミテ国立公園の北部区域で馬や他の動物の避難活動が展開された。現在ヨセミテ公園近辺のリム火災は15%が消火されたが、火事は引き続き拡大していてシカゴ市のサイズより大きい234平方マイルを燃やしている。 (さらに…)

トルーマンがストライキに軍事介入を命令した日

1950年8月25日の今日は、第33代大統領ハリー.トルーマンが鉄道労働者のストライキを制止するため軍隊の配置を命令した日である。当時の労働組合は、現在よりはるかに勢力があったものの、トルーマンは、特に 2つの主要鉄道会社の労組によるストライキを阻止し、労働組合のストライキに頻繁に関与したことで有名である。 (さらに…)

ニューヨーク市委員会は警察の権力を制限

ニューヨーク市委員会は、同市の論争的なストップ&フリスク慣行の問題に対応するため、昨日2つの法案に投票した。いずれの法案も、ニューヨーク市警(NYPD)の権力を制限したものであり、市長マイケル.ブルンバー氏の拒否権を却下する結果になった。 (さらに…)

近辺の山火事はヨセミテ公園にも一部拡大

北カリフォルニアの山火事は現在、激しい勢いで燃えていて、ヨセミテ国立公園の一部も燃やし始めたという。消火活動がほとんど進んでいないため危険な状態であるようだ。 (さらに…)

シリアの化学兵器使用はオバマ政権への挑戦?

約2年半続いているシリアの内戦では、すでに100,000人以上が死亡していて最悪の状況が続いている。シリアの反乱軍は、シリア政府が化学兵器を使用してダマスカス郊外にあるグウタの住民1,000人以上を殺害したと主張していることが報じられている。主な被害者は子供や女性であるという。シリア政府による化学兵器の使用は過去にも数回ある。 (さらに…)

カトリック教会の移民改正法支持キャンペーン

宗教界が政治に関与することは珍しいことではないが、今度はカトリック教会のリーダー達は消極的な共和党議員にたいして移民改正法の制定を促すための行動を開始した。総体的に、宗教界はオバマ氏の市民権の道を含む移民改正法案を支持し、その制定を目指している。 (さらに…)

35年の刑罰に対する辛辣な批判

連邦政府の戦争情報に関する史上最大の内部告発者と言われている元米陸軍上等兵ブラドリィ.マンニングの刑の宣告は21日東部時間午前11時頃行われた。予想されていた25年以下の刑を超過した35年の判決が言い渡されたため、これに対する反応は手厳しい。 (さらに…)

コロンビアの表面的なホームレス対策

サウス.キャロライナ州のコロンビアは最近ホームレスが増大し、特に地域のビジネスや住民など地域社会の悩みの種になっている。住民、商店の経営者、商工会議所、教会、地域代表者など、特にビジネス関係者は、コロンビアにはホームレス対策がほとんどない状態であるか、または現存の措置は効力がないとして、現状はビジネスに有害であると決定した。 (さらに…)

米国は現在山火事のシーズン

米国は現在山火事のシーズンであり、驚くことに西部及び南西部10州の約50 カ所で山火事が発生している。これらのほとんどの地域ではまだほとんど消火作業が続いている。主な山火事の原因は異常な乾燥と高温による可燃性の火災であるが、山火事発生の規模は増大している。これらの州は、アイダホ、ユタ、カリフォルニア、モンタナの高レベルの火災に加えて、他にオレゴン、ワシントン、ネバダ、アリゾナ、コロラド、ワイオミングなどである。 (さらに…)

斬新な豪華高層マンション建設

マンハッタンの上部西側のウオーター.フロントにちょっと変わった豪華マンションの建設が進められている。ハドソンのリバーサイド通りの眺めの良い場所に33階の高層ビルのマンションを建設するプロジェクトには、低所得者の手頃な値段の賃貸マンションも含まれている。しかし、最高$100万のマンションを購入する金持ちと$1,000前後の部屋を賃貸する低所得者とのエレベーターとドアは別々の方角に設置する設計になっている。これは「金持ち用のドア」と「貧困者用のドア」と呼ばれている。 (さらに…)

完璧なバックグランド.チエック法案制定

イリノイ州は18日の日曜日に知事のパット.クイン氏(上写真)が銃器購入のバックグランド.チエック(BC)を拡大する法案に署名した。透明性と安全性が更に明確になるとして、シカゴ警察当局も歓迎している。 (さらに…)

論争的なストップ&フリスク慣行

ストップ&フリスク(Stop and Frisk)のストップとは文字通り警察官が歩行者を呼び止めることであり、フリスクとはその呼び止めた通行者を衣類の上から 身体のほぼ全体を上から下まで軽くたたいて隠した武器などを捜索することである。米国では大多数の州がストップ&フリスクを実施しているが、現在ニューヨークが最も論争的である。 (さらに…)

論争的な冬季オリンピック

8 月1日にロシアがエドワード.スノーデンの短期亡命を認可した発表を受けて、複数の議員は2014年2月にロシアのソチで開催される冬季オリンピックをボイコットするべきだと提案した。先週、ロシアの内務省は、同性愛者に対して罰金を科し拘束する、新たな反同性愛者法を発表したため、先週から世界各地の人権保護団体やゲイの権利を主張する活動家らによるボイコットを訴えるデモが各地で開催された。 (さらに…)

荒廃地の1ドルの家はアメリカン.ドリームか?

インディアナ州のゲリー市は半世紀前に比較すると、現在50%以上の人口が減少し、荒廃が激しく、惨めなほど廃墟化した地域である。現在、約三分の一は空き家であり、放棄された家は推定10,000戸もある。先月米史上最大の破産宣告をしたデトロイトと異なり、インディアナ州は破産宣告を禁じているため、市を復興させる計画に基づいて、一定の条件付きで放棄された家を、なんと1ドルで販売している。 (さらに…)

医療保険導入に葛藤する教育現場

全米の幾つかの公立学校関係者は、近年の厳しい予算削減で、教師にオバマケア(The Affordable Care Act, ACA)の医療保険を提供することが難しい状況に直面している。ACAは、週30時間以上勤務のフルタイム労働者を抱える雇用主に従業員の医療保険を提供する義務を課している。これらの学区ではセクエスターの影響による財政問題と医療保険の複雑な問題に葛藤している。 (さらに…)

オバマ政権の合併阻止による自由競争の推進

米国司法省、6州の各政府の司法長官、およびワシントンDCの代表者らは、今日アメリカン.エアーラインとU.Sエアーウェイズの合併を阻止するため提訴に踏み切った。これは、消費者の利益のために公正な競争を促進する連邦および州政府の法律である米国反トラスト法が反映した一連の動きである。 (さらに…)

少数派に不利な有権者ID法制定の波動

ノース.キャロライナ州の知事パット.マクローリィ氏は、12日論争的な有権者ID法に署名した。7月23日に法案が通過して以来、同州の法案は、全米で最も厳しく最悪であるとして論争的であったため、少数派グループや民主党などは知事の署名に対して強烈な批判を浴びせた。 (さらに…)

司法省は薬物取締法を変えると公表

米国司法省の司法長官エリック.ホルダー氏は 12日に開催された米国法曹協会の年次総会で、 1878年に創設された米国法曹協会は、憲法の平等と正義の精神に基づいて、米国の法律を今日まで更新し遵守してきたことを冒頭で語った。基本的には米国の法システム、特に薬物犯罪に関して、経済の合理性と道義的な理由により変革する必要があることを語った。 (さらに…)

オバマケアの資金に関する政府閉鎖の脅し

2010年 3月にオバマ大統領が署名したオバマケア(The Affordable Care Act, ACA)の法律に従って、来年1月から50名以上の従業員を抱える雇用主を除いて、全てのビジネスの経営者および個人は 医療保険に加入しなくてはならない。ACAが制定された2010年以降、議会はある一定の予算をACAに導入してきたが、今年は、2014年の強制加入が始まる前にこの資金導入を阻止する動きが強まり、数ヶ月前から一部の共和党議員は政府を封鎖すると脅している。これも共和党内部で分裂を強めている一因でもある。 (さらに…)

久々の大統領記者会見の要点

今日の午後からホワイトハウスで4月以来久々の本格的な記者会見が開催された。大統領が指名した記者がそれぞれ質問し、それにオバマ氏が応答する伝統的な大統領記者会見であった。約50分間の記者会見でほとんど質疑応答の中心になった課題は、諜報契約会社の元技術員であったエドワード.スノーデンの亡命を受け入れたロシアとの関係、およびNSAの監視プログラムに関してであった。他の複数の重要な課題には医療保険改正法(ACA)と移民改正法案が含まれている。 (さらに…)

リチャード.ニクソンが辞職した日

8月8日の今日は1974年にリチャード.ニクソンが辞職した日である。

続きを読む

共和党の暫定的な移民改正法案が望みの綱?

議会で最終的に何らかの移民改正法案が成立する可能性があるとしたら、それは上院で通過した包括的移民改正法案を民主党が諦めて、下院が提案する一つ一つの法案に同意する以外にないかもしれない。そうでない場合、現在の状況であれば、上院法案は完全に死滅する運命にありそうだ。しかし、下院の細切れの法案に民衆党が同意できるのはあくまでも、 全ての不法移民に市民権への道が提起されているかどうかである。これが上院法案の最も重要なポイントである。 (さらに…)

アレックとはどんな組織なのか?

通称アレックと呼ばれる米国立法取引協議会(ALEC)は米国で最大規模の政治組織であり、今日7日から9日まで40周年記念集会をイリノイ州シカゴで開催する。アレックは1973年に設立された保守派の政治活動団体であり、富裕層への優遇税制、政府規模の制限、自由市場、及び個人の自由を心棒する政治家、ビジネス、財団グループなどのメンバーで構成されている。反労働組合、反課税、反規制のスローガンを掲げ、全米の企業及び州政府の政治家と同盟を結び、企業が最も有益となる法案を起草する団体である。 (さらに…)

ザッカーバーグ氏移民改正法案を強く支持

ファイスブックCEOのマーク.ザッカーバーグ氏は最近政治への関心が強くなり、数ヶ月前から包括的移民改正法案を後援する意図があったと言われている。昨夜、移民支持団体が主催するサンフランシスコのヤーバ.ボエィナ芸術センターで開催されたフォーラムで包括的移民改正法案の重要性を語った。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。