アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

米国司法省、6州の各政府の司法長官、およびワシントンDCの代表者らは、今日アメリカン.エアーラインとU.Sエアーウェイズの合併を阻止するため提訴に踏み切った。これは、消費者の利益のために公正な競争を促進する連邦および州政府の法律である米国反トラスト法が反映した一連の動きである。

13日のニューヨーク.タイムスによると、このような大手の航空会社の合併は、民間航空市場の競合力が減少し、旅行者の運賃が上昇し、サービスが低下する可能性があると司法省が懸念している。これらの航空会社は2月に発表された$110億の合併は、比較的大手のユナイテッド.エアーラインやデルタ.エアーラインなどを含め、他の小さな航空会社が競合力を失う可能性が高いという。大きな航空会社が合併すると他の比較的小さな航空会社は旅券の値段、サービスの質などの側面から大きな航空会社に迎合する傾向があるため、市民に多大な影響を与える可能性があると指摘している。

米国では「数百万人がビジネスまたは個人の旅行目的で定期的に飛行機を利用する」と米国司法省の司法長官エリック.ホルダー氏は述べている。高い旅費、航空会社選択の制限または減少は飛行機の利用者にとって最悪の状況である。ホルダー氏は「この合併に挑戦する司法省は、アメリカ人はもっと良い待遇を受ける資格があると言っている」と話している。更に「今日の行動(提訴)は市場の競合性を活発にすることを確実にするためであり、消費者がもっと有益になるための戦いの決意を証明している」と語った。 アメリカン.エアーラインとU.Sエアーウェイズの合併は、民間航空市場の80%を4つの航空会社が支配する結果になると懸念を示している。

これはオバマ政権の一連の米国反トラスト法の動きを反映している。2011年にもAT&TとT-Mobilの$390億の合併に提訴した。この時も米国司法省は、全米で最大級の無線電話会社が合併すると、価格は上昇し、消費者に革新的な製品を提供する機会は減少すると主張した。これに対し、労働組合は、「雇用は増大するが消費者のコストは増大しない」と反論した。しかし、当時の副司法長官は、提訴を発表する記者会見で「革新と競争によって雇用は拡大する。通常、合併は余剰を抹消することで雇用を減少させるため、 合併の阻止は、雇用を守るため役立つ」と主張した。オバマ政権は、合併は独占力とその乱用に結びつくとして、消費者を守る立場から市場の自由競争を強く推進している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。