アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

イリノイ州は18日の日曜日に知事のパット.クイン氏(上写真)が銃器購入のバックグランド.チエック(BC)を拡大する法案に署名した。透明性と安全性が更に明確になるとして、シカゴ警察当局も歓迎している。

クイン氏が署名した法案は全ての銃器購入 およびインターネットでの銃の売買について、BCの抜け穴を塞いだことが最も画期的であり、2014年1月から有効になる。この法案の規定は(1)紛失および盗難に直面した銃の所有者は72時間以内に地元の警察に報告する。(2)銃器購入者は銃器所有証明(FOID)カードを警察に申請する。(3)この申請資格は犯罪および精神健康上の記録に問題がない人物に適用される。(4)銃器販売者は事前に州が運営するホットラインに電話して、購入者のFOIDカードが有効であるかどうかを確認しなくてはならない。(5)個人間およびインターネットでの売買も同じシステムの法律に従わなくてはならない。

従来、州発行の免許を取得している武器業者および銃器展示場で購入する成人のみがBCの対象になっていたが、このBCの拡大法案制定により、未成年者も同じ規定に従う必要がある。また、精神異常者が簡単に銃にアクセスする抜け穴を封鎖し、インターネットでの売買もBCが要求されるため、かなり安全になった。同州の警察当局は、銃が間違った人物に渡ることを阻止するため考案されているこの法案を支持している。

7月、州の議員は、個人が1つ以上の銃を持ち歩くこと、幾つかのアルコールを給仕する場所に銃を携帯すること、銃の一部を露出することを許可した銃法案を却下するため投票を行った。しかし、同州の連邦上訴裁判所は、人々が隠して持つ携帯銃を禁止することは武器保持の権利を与えている憲法修正第二条に反すると判定したため、このBC拡大法案が起草された経緯がある。最終的に常識的なBC拡大法案が制定されたことを多くの都市が支持をしている。

18日の『シカゴ.トリビューン』によると、2010年、休暇中であったシカゴ市警の警察官が不法密輸銃で殺害された事件があった。クイン知事は紛失した銃器の回収が簡単になり、責任のある人のみが購入することを明確にするとし「我々の法務執行に役立ち、我々を安全にすることに役立つ」と語っている。この法はまた、銃器購入者は、彼らの銃のシリアル番号も記録しておく必要があると州警察当局は伝えている。28年間勤務しているシカゴ市警察署長は「この法は完璧に理にかなっている」とし、「地域を安全にする」と語っている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。