アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

来週から議会は本格的に再開するが、 9月の外交政策の最重要課題は議会がシリア攻撃を決定するかどうかである。国内政策の重要課題は、各方面から多くのグループが下院議会に圧力をかけている移民改正法案の取り組みであるが、緊急課題は予算問題である。共和党は、既に大事なプログラムの予算削減を強力に押し出している。

2013年の予算要求は2012年10月1日に開始し、2013年9月30日に終了するため、2014年度の予算編成に向けて、議会は9月末までに予算の交渉を成立させなくてはならない。負債限度額を上げない限り債務不履行になる状況に直面したまま行き詰まり状態の議会は、再度同じメンバーが同じ論争を繰り返しているだけである。大統領の2014年の予算計画はバランスのとれた方法で財政赤字を減少させながら中産階級を強化し、雇用を創出し、経済を成長させるため重要な投資をすることである。また、バランスを維持する方法として、富裕層の税の抜け穴を閉じることで税収益を得ることであり、医療保障の無駄や不正を監視することで経費を節約することを提案している。現在の問題は支出予算に対して歳入が少ないため、その差額を埋める方法について民主党と共和党の意見が異なっていることである。その差額を埋める方法のひとつとして、オバマ氏や民主党のリーダー達は負債の限度額を上げることを主張し、 あくまでも借り入れを要請している。

一方、共和党は何らかの福祉政策を削減するなら負債の限度額を上げてもいいと言っている。 つまり、メディケア、社会保障、オバマケア(正式名はThe Affordable Care Act、またはACA)などを切り捨てるような大胆な改革をしない限り、債務限度を上がることには同意しないと主張している。 一部の共和党はオバマケアの融資を停止することを主張し、そうしない場合政府を閉鎖すると脅している。最初10人程度の共和党メンバーで開始したこのキャンペーンは現在60人程度に増大している。共和党の主なリーダー達は、これは愚かな考えで問題を解決しないと批判し、58%の国民もオバマケアへの融資を停止することに反対している。

オバマケアの他に共和党が予算削減のターゲットにしているのは、低所得の家庭および身体障害者に提供される補足栄養支援プログラム(SNAP )であるフード.スタンプである。連邦政府は10年間で400億ドルの削減を目指しているため、複数の州でもこれに対応する動きがでている。カンザス州ではフード.スタンプを受理している推定20,000 万人の失業者は、今後この受益を受けるためには最低週に20時間労働することを条件にする新しいシステムが4日に発表された。 同州の知事サム.ブラウンバックの行政は10月1日から施行されるこのシステムは、公的援助に依存することより仕事を見つけることを奨励するためであると述べている。他の州でも似たような受益資格条件を設定しているが、セクエスターにより交通手段を遮断している地域も多いため、車を持たない低所得者は問題に直面する。また、ケンタッキー州では875,000人以上がSNAPに依存している。予算と政策優先センターによると、同州で11月から予定されているフード.スタンプの各所帯の受理額は減少し、3人家族の場合毎月$29、4人家族で毎月$36が削減されると推定している。

要するに、共和党と民主党は債務不履行を避けるための税制改革に関する考え方が基本的に異なっているためほとんど交渉は成立しない。共和党は、富裕層に対する税制の抜け穴を防ぐことで得る税収を拒否し、支出をできる限り削減し、社会保障やフード.スタンプなどの安全ネット.プログラムを削減することでバランスを維持出来ると主張している。民主党は抜け穴を塞ぐ税制改革により余裕のある富裕層から少し増税し、債務上限をあげることで歳入を得ることを主張している。双方のこのラインはほとんど変わっていない。オバマ氏は大分以前、一時的にメディケアや社会保障の削減を民主党の代表者らに提案したことがあるが、共和党と直接交渉する結論には至っていない。

予算削減で深刻な問題が発生する可能性があるのはSNAP の一環であるフード.スタンプの削減である。シリア攻撃に関する軍事費の連邦予算にはさほど問題はないと言われている一方で、多くの共和党議員は国民の食料費を削減することを強調している。保守派のシンクタンクであるヘリテイジ.ファンデーションは、怠慢と依存を防止するため、フード.スタンプを支給する条件に、仕事をする事と薬物検査をする事を奨励している。そのような意見に影響を受ける議員は(1)フード.スタンプの受益者は、就労が困難な身体障害者、老人、子供である。また(2)SNAPは米国の貧困レベルを追跡し、減少させる努力をするという観点から直接役立っているという2つの要点を無視している。とにかく、議会が何を決定するにしても予算問題を抜きに語れないはずである。一部の共和党は軍隊派遣の戦争を奨励しているが、一時的なシリア攻撃が何らかの形でエスカレートした場合の軍事予算は膨大になる可能性がある。4,900万人の国民が食料の供給不足に苦しみ、更にフード.スタンプの削減に直面 しているとき、予算のバランス問題でそのような軍事費をフード.スタンプ削減で埋め合わせる結果になるような事だけは避けるべきである。それは米国が世界の信頼を得るための公正な手段ではないと考える。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。