アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

米国の不法移民の数は近年増加し始めたという。しかし、 国境を越える頃には体力を尽き果て死んでいく不法移民は衝撃的な数に達している。希望を求める巡礼は死への旅と化し、多くの遺体が発見されている地域では著しい経済的負担があるにも関わらず人道的な対処がなされている。

23日のピュー.リサーチ.ヒスパニック.トレンド.プロジエクト(PRHTP)によると、メキシコからの米国への不法移民の数は、不景気な頃一時激減したが、米国が経済回復し始めた2009年以降、再び上昇し始めた。 PRHTPの推定によると、2012年3月の時点で米国に住んでいる不法移民の数は推定1,170万人であり、2009年の推定1,130万人から上昇している。これらの不法移民の60%はカリフォルニア、フロリダ、イリノイ、ニュージャージー、ニューヨーク、テキサスの6つの州に集中している。特に、テキサス州は2007年から2011年の間に不法移民が増加している。2007年以降の不法移民は、全体の不法移民の中でメキシコからの入国者は急速に減少していることが特徴である。

近年、メキシコより中央アメリカからの不法移民が増えていると言われている。国境を越える不法移民は、警備の厳しい地点を避けるため、通常の経路から離れて移動ルートを変え迂回するためかなり試練の旅を経験している。しかし、国境を越えて米国にたどりついた時は、遺体となって発見されるケースが増えている。発見された遺体はときには白骨化している場合もある。死亡の原因は、過労、栄養失調、高温症、又は低温症などが考えられる。場合によっては不法入国は死を伴う危険な冒険であり、夢を成就するどころか、国境を越えた付近で死亡するケースが多いことが判明している。22日のAP によると、テキサス州ブルックス郡の高速道路の近辺にあるエルトゥール牧場で女性の遺体が発見された。彼女は乾燥した牧場地帯を長時間歩き、高温症で死亡したと思われる。遺体は身元確認のため葬儀屋に運ばれたが、8月26日に発見された時はすでに腐敗が進行している状態であった。遺体はメキシコ北部の国境付近の町に「未知の女性」として埋葬された。

テキサス州のブルックス郡は、わずか7,100人の人口で構成される小さな町であるが、 遺体が最も多く発見される地域である。昨年は129の遺体を処理したという。同郡では、昨年以前に発見された遺体の年間平均数は50から60 であるという。人口100万人のアリゾナ州ピマ郡は 2012年に171の遺体を発見した。遺体が発見された場合、その回復、解剖、DNAサンプル採取、埋葬など、限られた予算しかない地方自治体には余分な負担がかかる。そのことも一因であると思われるが、国境パトロールの不安が急増しているという。

幸い、遺体で発見されるより国境警備隊に拘留される率の方がはるかに高い。南テキサスのリオ.グランデ.バレー国境付近で拘留された移民の数は30,000である。これらの数は、全体の移民の流れを測定する上で不完全であるが、最も増加しているのは、テキサスから米国入国への直接ルートを取る中央アメリカの不法移民である。特に彼らは、国境パトロールの検問地点を回避して遠回りするためブルックス郡で死亡するという。そのため、その地域は「キリング.フィールド」と呼ばれている。過去には、身元不明の遺体のDNAサンプルを採取せず地元の墓地に詰め込まれた。墓地の管理システムには正確な死者数または埋葬数の記録すらない。

今年5月、テキサス州のウェイコにあるベイラー大学の人類学者ロリ.ベイカー氏は正体不明の不法移民が埋葬された墓を調査するため、同州のファルファリアスでチームを結成した。ベイカー氏は刻印のある54の墓に63の遺体が埋葬されていたことを発見した。ベイカー氏のチームは、愛する行方不明の家族を探している人達のために来年もDNAサンプルを採取すると述べている。テキサス州ウエッブ郡の医学検死のドクターであるコリーヌ.スターン氏は、 白骨化していない遺体の身元確認は65%から70%であると表明している。

ブルックス郡のエルトウール牧場で8月26日に女性の遺体を発見した68歳の経営者は、問題に対処する個人的な貢献を誇りにし、過去23年間で25の遺体を見つけたと語ったという。死亡した人達に配慮しなければ地獄に行くようなものであるとして人道的な対処をしているが、 牧場で死亡している人達を見続けたくないと語ったという。しかし、米国の不法移民の問題は絶えることはないようだ。テキサスやアリゾナ州にたどりついた不法移民が遺体で発見される衝撃的な報告は、緊急な移民改正法の必要性を示唆している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。