アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

オバマケアとして知られるアフォーダブル.ケア.アクト(ACA)は、オバマ大統領が2010年3月に署名した当時から今日に至るまで非常に論争的である。その主な原因は複雑過ぎて理解しにくいためであるが、 特に、オバマケア支持派と反対派の間で医療費に関して意見が対立している。折しも今日、超党派の調査機関は、ケース.バイ.ケースの具体的な毎月の支払コストを公表した。

25日の米国保健福祉省(HHS)は、医療業界での競合性が高くなるため、消費者の選択肢が拡大し、医療費が安くなると発表した。HHSによると、毎月の支払いは予想より全米95%の国民に平均16%安くなり、 医療保険適正者の未加入者がいる48州で予想より安くなる。HHSが完全または一部市場を運営している36州では、消費者は平均53の医療プランから選択可能であるという。医療保険市場での各種のプランにはゴールド、シルバー、ブロンズがあり、シルバー.プランで全米での平均支払額は、税控除前で$328である。これは議会予算委員会(CBO)の推定より16%安いという。支払い額は住む場所や年収によって異なるが、例えばダラスに住む年収$25,000の27歳の成人の場合、ブロンズ.プランで月々$74、シルバー.プランの場合$139であり、税控除が考慮される。同じくダラスに住む年収$50,000で4人家族の場合、ブロンズ.プランの場合、月々$26である。 大半の医療保険未加入者(10人中6人)は、税控除を受け、およびメディケイドに加入することで、毎月の支払いは$100以下の医療保険を探すことが可能である。

ACAが文字通り無理のない支払いによる医療費であれば、オバマケアは米国の医療保険市場で革命的になることは確かである。2014年は、新たに数千万人がオバマケアに署名することが予測されているため、歴史上初めて医療保険市場が急増する。従って、当初は一時的に予防治療を受ける患者が記録的に増えることが予測されている。これに伴い、保険会社の医療費の負担も一時的に急増することは、最大手のカイザー.ファミリー財団やCBOなど超党派の医療機関も指摘している。従って、オバマケアの反対派は、医療費のコストがかなりの負担になると指摘している。下院議長のジョン.ベイナー氏を含む多くの共和党議員は、オバマケアはその課税規定を含めて、医療費を総体的に増加させると主張している。しかし保険会社は、予防治療のコストを早期にまとめて支出する方が、いずれ重大な病気による莫大な費用を負担するよりはるかに出費を抑えるため、もっと経済的であることを認識している。

また、複数の専門組織は医療保険の加入者が増えれば増えるほど、次第に医療費は下がると述べている。オバマ氏は、19日、輸出協議会の席で、メディケア.メディケイド.サービス.センター(CMS)の概算を参考に、医療費は2010年に医療保険改正法(ACA)が制定されてわずか3年間で初めて低下傾向に向かっていると語った。ABCニュースは、CMSおよびカイザーの見積もりによると「オバマ氏のコメントは真実である」と伝えている。それらのデータによると、2009年から2011年までの国民の医療コストは3.9%、2012年には約4%であり、これは1960年以来、医療費は最も低いことが記録されている。2013年の記録はまだ不明であるが、同様に上昇しないと推定されている。しかし、2014年には推定平均6.2%に対して、6.1%上がると予測している。これは、予防治療を受ける患者が記録的に増えるため、医療コストは一時的に上昇する可能性がある為である。

また、カイザーはACAに含まれている幾つかの条項はまだ実現されていないが、 ACAに含まれるメディケアの大部分の貯蓄は、将来、ACAの支出を大幅に減少させ、公共プログラムおよび民間保険の過剰な医療費を抑える可能性があると述べている。従来のメディケアとメディケイドに加えてACAが医療保険市場に参入するため、メディケアを維持しながらACAを利用する人達も増えるため、医療システムは更にダイナミックになることが予測されている。更に、雇用主が提供するACAが効力を発揮する2018年までにはコストを削減し、総体的に医療費を抑えることが期待されている。医療保険料が安くなる一因は税控除があるためである。23日のUSA TODAYも、事実、税補助金のため640万人の医療費の毎月の支払いは$100以下になると伝えている。現在まだ4,130万人が医療保険に加入していないため、25州はメディケイドを拡大すると決定した。これにより、来年1月から1,240人万が毎月$100以下の支払いで医療保険に加入できるようになる。

オバマケアは、米史上もっとも論争的であり、オバマ氏はその法の推進者として歴史上初めて最も激しく戦ってきた大統領である。今日、2008年の共和党大統領候補であったジョン.マケイン氏は、ACAは、共和党が最初から猛烈に反対し、最終的には莫大な箇所を修正し制定された法であることの経緯を語り、この法を好んではいないが、オバマ氏が再選されたその結果の意味を敬わなくてはならないと述べ、オバマケア攻撃の無意味さを説得した。これは、共和党のリーダーにフィリバスターを拒否されたテッド.クルーズが、可能な限り長時間話し続けることを決意して昨夜から21時間以上、上院のフロアで語っている途中、上院多数派の民主党リーダー、ハリー.リード氏がマケイン氏に時間を15分間与えるよう依頼した後のスピーチである。オバマケアまたはACAはまだ欠点の多いプログラムであるが、近い将来アフォーダブルな医療システムとして定着すれば、反対派はいずれ静かに後退していくはずである。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。