アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

9月の雇用拡大は 148,000であり、失業率は7.2%である。連邦政府の閉鎖により、この報告は約 3週間遅れている。 米国人の精神的打撃が経済に与える影響を指摘し、雇用状況はアナリストの予想をはるかに低下したという。

22日のNBCニュースによると、複数の経済学者は、雇用拡大は180,000程度になると期待していたという。しかし、失業率は2008年11月以来の最低水準である。また、失業の広範な尺度は不完全雇用と仕事を探すことを止めた人も含めて13.6%に低下したという。

また、22日のワシントン.ポストによると、全ての業界で最大の雇用拡大があったのは建設業界であり、20,000の労働者を追加した。また、連邦政府は6,000の雇用を失ったが、州政府は合計22,000の労働者を雇用した。最近発表されたデーターは、経済回復は脱線していない証拠を示しているという。通商業界のショッピングセンター国際評議会によると、全国小売業は、先週の売り上げが1.4%増加したことを喜んでいるという。

労働省が発表した雇用状況は、政府閉鎖前に分析されたものであるが、総体的には米国の経済回復は苦戦していることを示していて、「ワシントンの逆風が経済を弱体化している」とアナリストは分析している。経済学者は、無給休暇を強いられた労働者は返済を受け、議会は潜在的に壊滅的な債務不履行を避けることが出来たため閉鎖が直接的なダメージの要因ではないが、アメリカ人の「精神的な一撃を修復することは困難である」と分析している。また、消費の確信とビジネスの雇用に水を差すワシントンの政治の行き詰まりが経済的に影響を及ぼすことを懸念している。

17日からの政府再開は一時的な解決であり、議会は再度来年1月には予算の交渉、および2月には債務限度引き上げの期限に直面するため米国民は安心していないことが経済を低下させる要因であると専門家は指摘している。ホワイトハウスの経済学者ジェイソン.ファーマン氏は「不確実性を増大させ、雇用成長を抑制する過去数週間の自傷行為に集中することより、政策の焦点はむしろ、いかに仕事の確実性を高め、早いペースで雇用成長を達成するかどうかである」と指摘している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。