アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

オバア政権は今日、期限どおりアフォーダブル.ケア.アクト(ACA)またはオバマケアのウエッブサイトであるHealthCare.govの修理が昨日完了し、劇的な改善があった為、スムースな運営が可能であることを報告した。アクセスを待っていた数百万人は本格的にサイトでの申請手続きを開始することが可能である。

米国保健福祉省(HHS)は今日、システムを革新し改善に努めたためサイトに劇的な進展があったことを報告し、大多数のユーザーがサイトにスムースにアクセスできる目標を達成したと発表した。しかし、今後も更に向上と改善のための努力を続けながらサイトの調子を頻繁に点検し、多少のエラーにも迅速に対処する意志があることを表明した。しかし、オバマ氏が100%完璧になるとは約束できないと警告したとおり、何らかのトラブルに直面したユーザーは即時報告し、援助を求めるよう要請している。

一般の国民には理解できないほどACAサイトの機能不全については喧騒的に報道された。その理由は、正常に機能するかどうかは政治的に多大な影響があるからである。もし、今回も失敗し、引き続きコンピューターのエラーが発生した場合、共和党はこのACAを撤廃する動機を再度取り戻し、2014年の特別選挙でも民主党が議席を失う可能性があるからである。また、オバマ氏は完璧ではないかもしれないが11月末までに修理は完了すると公約していた為である。公約どおり修理が完了しなかった場合、また誤情報を伝えたとして批判されるためオバマ氏および民主党はかなり政治的プレッシャーに直面していた。多くの共和党議員、特に極右派は意図的に ACAに関する情報を繰り返し歪曲して宣伝している事実を棚上げにしているが、大統領の発言ミスはより深刻である。従って、 再度技術的な問題に直面した場合、HHSとホワイトハスは共和党の激しい攻撃の的になることは必然である。

オバマ政権は、サイトがスムースに作動するようになったため、多数のユーザーがネット上に同時アクセスしても、スピードは劇的に改善したと報告している。今後、毎日数十万人がACA サイトにアクセスすることを推定している。HHSの長官キャスリーン.セベリウス氏はHHSのHPに、HealthCare.govサイトにアクセスする上での幾つかのアドバイスを提供し、12月23日まで期限は十分あること、また2014年の最初の期限である3月31日までに加入手続きをするよう伝えている。オバマケア.サイトは公約どおり著しい改善を達成し、正しい方向に進展していると思われる。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。