アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

物理的な店舗が存在しないオンライン.ショッピングでの売上税及び又は使用税に関して数年前から論争的である。オンライン.ショッピングの最大手市場はアマゾン. ドット.コムであるが、最高裁は今日、最高裁の意見を求めていたアマゾンとオバーストック. ドット.コムの要請を説明なしに拒否した。オンライン.ショッピングでの売上税論争に関するアマゾン判例の経緯は何か?最高裁が聴聞を無言で拒否した意味は何か?また、オンライン.ショッピング課税の法律に関する米国の現状はどうなっているのか?

ニューヨーク州は2008年オンライン.ショッピングの製品に課税する法案を制定した。同州の法律は、物理的に店舗がないオンラインの小売業者に対しても売上税および又は使用税(州外のインターネット販売業者から購入する際に課税される税金であり、在住州で同じ製品にかかる売上税と同じ率の税金)を徴収することを義務づけている。今年3月ニューヨークの高等裁判所は同州の税法を支持した。これに対しアマゾンおよびオバーストックは、州がオンラインショッピングの売上税を義務づける権利があるのかどうか最高裁の意見を聞きたいとして、ニューヨーク州の法律に挑戦していた。これらの業者は、州内の業者に負担をかけるニューヨークの法律は憲法違反であると主張した。

しかし、今日最高裁は聴聞を拒否したため、ニューヨーク州の法律は合法であることを示唆している。つまり、オンラインの小売業者に対して売上税を徴収することを義務づける法律を制定している州の立場を認めている。2008年にニューヨーク州がこの法を制定した時、最高裁が憲法違反であると判断していたなら、アマゾンの判例を聴聞するはずである。しかし、ワシントン.ポスト によると、現在オンラインでの売上税は全国的に統一性がないため、アマゾンは議会が州の税徴収要件に均一性を提供するべきであるとして、連邦政府の議会が決定し解決するべきであると主張している。現状ではオンラインの小売業者は、一部の地域では売上税を徴収しないため「不当に有利」な立場である。アマゾンは現在16州では売上税を徴収し、他の州では徴収していないため不公平な状況である。

2012年5月にミシガン小売業者協会が報告した文書によると、この時点でアマゾンはニューヨーク州および米国で最大の人口密集都市であるカリフォルニアおよびテキサス州に加えて、インディアナ、カンザス、ケンタッキー、ネバダ、ノースダコタ、ペンシルベニア、サウスキャロライナ、テネシー、バージニア、ワシントンの13州で売上税を徴収している。

オンライン.ショッピングの売上税に関して、連邦政府の上院および下院議会は2013年2月、オンラインでの売上税法案を別々に紹介し、4月に二回目の法案が上院で紹介され、5月6日にはその市場公正法案(MFB)を通過させたが、下院では保留になっている。これは連邦政府がオンラインによる州外での販売で100万ドル以上売り上げがある小売業者に対して、売上税および使用税の徴収を義務化することを州に許可する法案である。この法案に対する支持派と反対派の意見は分かれていている。大手の業者がオンラインでの売上税を徴収していない現状で地元の小規模ビジネスが徴収しているのは不利な状況であるとして、ホワイトハウス はこれを支持している。ミシガン小売業協会も物理的建物または物理的に存在しないオンラインでの州外小売業者が売上税を徴収しないシステムは著しく不公平であるとして、従来のカタログ販売や通信販売での課税と同様であるべきだと指摘している。ミシガン州の小売業の雇用喪失および売上税収入の損失の両方の側面から判断して「競争上不利」な立場であるとして、ネット上での「商取引に公平性」を求めている。一方、共和党関連の個人および組織は、州内の商業および小企業に有害であるとして一般的にこの法案に反対している。州外の小売業者に売上税を徴収させ、その税金を送金させることを義務づけることは憲法違反であると主張している。

要するに、ニューヨーク州の議会はオンライン.ショッピングでの売上税徴収を合法化し、同州の高等裁判所はこれを合憲であると判定した。この判定に不服を申し立てたアマゾンは最高裁の判定を求めたが、聴聞することさえ却下された。従って、今後インターネット.シッピングの課税はトレンドになる可能性が高いことを意味する。店舗で購入する通常の売上税はほとんどの州で規定され定着しているが、売上税法の基準は州によって 異なっているため、オンライン.ショッピングでの売上税徴収は多少複雑な問題が伴うことは必然である。例えば、カリフォルニア州だけでも市や郡によってその税率は異なる。連邦上院議会は、州外で100万ドル以上の売り上げのあるオンライン業者に売上税を課税する法案を通過させたが、制定に至かは不明である。アマゾンの「成功の鍵」は、多数の業者と提携し非課税で販売したことであるが、ワシントン.ポストによると、アマゾンは「より迅速に商品を届けるため全国の物流センターの構築に着手し、物理的に存在する要件を確立している」ため州の法律に従う必要がある。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。