アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

今年は例年より全国的に寒い冬であるが、全米の主要都市で停電や凍った道路状況により車での移動は多くの地域で最悪な様子である。各地で冬の嵐による停電の被害、飛行機のキャンセルが続発している。例年は比較的暖かいカリフォルニア州の一部の地域でも時間帯によって気温は0度F(-18度C)以下になり、ホームレスが低体温症で死亡するニュースも伝えられている。

7日のABCニュースによると、ダラスで100,000所帯、オクラホマで7,000所帯、および他の州で数千の所帯が停電に直面している。また、すでに5日から飛行機のキャンセルが続いていて、ダラスのフォートワース国際空港では1,000以上の飛行機はキャンセルされ、約3,300人の旅客がターミナルに一晩滞在したという。8日のAPによると、全国的に気温が危険なほど急落しているため各地で何らかの警報およびキャンセルが続いている。ケンタッキーでは、最近豪雨があったため、カンバーランド川とケンタッキー川北部に近い東部に洪水警報もある。メリーランドでは雪のため道路が危険な状況であり、ボルティモア市長は年間行事である日曜日のクリスマス.パレードをキャンセルした。 ミネソタ州全域で凍えるような寒さで日曜日の温度はマイナスのままであり、中央北部ミネソタ州の一部の地域で極寒の冷風によりマイナス54度 F {マイナス47 度C }に達した。テネシー州のメンフィスでは道路、橋梁、歩道橋が凍結しているため複数の自動車事故が起きている。メンフィス警察は、今日の旅行を避けることが可能であれば自宅に待機するよう警告したという。

テキサス州北部は雪が解凍し始めたが、温度がわずかに上昇した程度である。しかし、今日もダラス·フォートワース国際空港で400以上の出発便がキャンセルされた。木曜日の夜から続いている風雪の影響で交通は大幅に遅れるなど麻痺状態である。バージニア州のほぼ全域で雨と吹雪で木や電線が凍結し、リッチモンドから南西および州西部は最悪の状態である。同州の当局は、混雑した幹線道路に沿ったアパラチア地方に大きな氷嵐の可能性があることを警告した。ウィスコンシン州の中央北部では明日までに3〜5インチ(1インチは2.54cm)の降雪が予測されている。0度F(-18度C)以下の気温による厳しい寒さは来週半ばまで緩和しないことが予測されている。国立測候所はウィスコンシン州の南西部で水曜日の夜まで吹雪を伴うマイナス30度F {マイナス34 度C }の低温になることを予測している。APによると、ペンシルベニア州の南東部およびニュージャージー州の北部では雨、みぞれ、降雪の影響による 凍結があり、ペンシルベニア州の南東、デラウェア州、ニュージャージー州の南部で3〜6インチの降雪があるようだ。バージニア州とメリーランド州の一部では日曜日、州の当局が住民にゆっくり進んでいる嵐による影響で道路や空港で遅延、迂回、キャンセルがあることを警告している。

今年は例年より一段と寒い冬であるため、降雪や凍結の被害が懸念されている各地で警戒が高まっている。今の時期に最も悲惨なニュースはホームレスが凍死することである。NBCによるとカリフォルニア州のサンタ.クレラ郡で4人のホームレスが低体温症で死亡した。3人はサンノゼの様々なホームレス野営地で死亡し、他1名の死体はサラトガの何処かの開いたガレージの中で発見された。この死亡の判明後、ベイ.エリア当局は、ホームレスを避難所に移動させる努力を開始したという。サンノゼを含むサンタ.クレラ郡は比較的裕福な人口層が多い地域であるが、「極端な天候」が原因で死亡するまでホームレスが放置されていたことにホームレス保護政策のずさんな状態が浮き彫りになっている。死亡者は全て40代から50代の男性であったという。サンタ.クレラ郡の保健担当者は、緊急オペレーション.センターは対応に限界があったと記者会見で語り、特に極端に寒くなることが予測されている今後数日間は、郡の資源を整理してホームレスを避難所に収容できるよう対応しているという。サンタ.クレラ郡は避難所の入居を拒否する人達にポンチョ、ブランケット、ソックスなどを配布している。 サンタ.クレラ郡のような豊な地域にも7,600人以上のホームレスがいるというショックキングな状況が判明している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。