アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

オバマ政権は今日、アフォーダブル.ケア.アクト(ACA)またはオバマケアの加入者が 110万人以上に達したと報告した。更に数ヶ月間で数百万の加入が予期され、低所得者や子供が公的医療保険に加入する資格があることを表明した。米史上初めて、米国の医療保険システムは近い将来安定したニュバーサル.ヘルスケア又は国民皆保険医療制度になることを示唆している。

29日米国保健福祉省(HHS)は、10月1日から12月24日までに全米の医療保険市場を通して110万人以上の加入者があったことを報告した。12月だけで975,000人が加入したため、わずか27,000人だった10月と137,000人であった11月の加入率に比較すると12月は7倍増大した。またACAの政府HealthCare.gov.サイトには12月23日の締め切り日に200万の閲覧があり、この日だけで83,000人のユーザーが署名した。HHSは3月末までには700万人に達すると予測している。政府閉鎖とコンピューターの技術的問題が発生した10月に比較すると著しい向上があったようである。

今日の報告には14州の州ベース加入数は含まれていないため、総体的にはもっと多いはずである。更に、10月1日からACA下でメディケイドが拡大したため、HHSの長官キャスリーン.セベリウス氏は、まだ医療保険のない約500万人の子供達に加入資格があるため、政府および民間部門のリーダーに対して、資格のある子供達を加入させるよう 呼びかけている。更に、ACA下で多くの州はメディケイドを拡大したため、数百万人の低所得者が公的医療保険に加入することが可能になり多大な前進があった。カイザー.ファミリー財団によると、12月11日時点でメディケイド拡大を決定した州はDCを含む26州であり、2014年後に決定する州は2州、現時点で定めていないのは23州である。これは大半の州がACA下で拡大したメディケイドに依存していることを示唆している。

また、古い医療保険計画を保持している数百万人以上の米国人は今年秋からキャンセル通知を受けている問題があるが、オバマ政権はこれらの問題に対処しており、この対象者はACAに加入しなくても罰金を科せられることはないと公表している。更に、ACAの加入および医療保険の支払いも含めて、カリフォルニア、コネチカット、ケンタッキー、ニューヨーク、ワシントンを含む多くの州ですでに成功していることが判明している。今後、若く健康な世代の加入者が増大すれば毎月の医療費はもっと安くなるはずである。全米の各地で加入成功の反響があり、様々な角度からオバマケアまたはACAは近い将来成功する可能性がある徴候が現れている。ACAは約15%の米国民が医療保険のない現実を改善する重要な役目を果たすと思われる。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。