アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

新年初日の今日からオバマ大統領が2010年3月に署名した医療改正法であるアフォーダブル.ケア.アクト(ACA)又はオバマケアが完全に効力を発揮する。様々なルートを通じて、約200万人が新たに医療保険を取得した。新たな医療改正法の下に、アメリカの医療システムが改善される反面、今後しばらく混乱が生じる可能性があることが予測されているが、混乱を減少するため関係者の前向きな対処も行われている。

医療保険会社は、新たな医療改正法の下で、既に病気を患っているアメリカ人の加入を拒否することは最早不可能になる。また、同じ保険計画で男性より女性に対して毎月の医療保険の支払いを多く請求することも無効になる。保険会社はACAに定められている受益基準と規定に従ったサービスを提供しなくてはならない。そのような点では改善が期待されているが、当分の間、新たな保険加入者は何らかの遅れや混乱に直面する可能性がある。

今日から効力を発揮するACAの最初の締め切りは12月23日であったため、その直前に署名した人達は、保険会社が身分証明のような医療保険カードを発行することも含めて事務的手続きが遅れる可能性がある。ニューヨーク.タイムスによると、「多くの加入者は、自分の保険計画にはどのような医療サービス条件が含まれているのか、何に対して支払いをすべきなのか全く理解していない」とカンザス薬剤師協会の元代表者、ブライアン.キャスウェル氏は述べている。また、幾つかの保険会社は、オンラインで加入した人の中には自分が購入した保険の内容を完全に理解していないため、ある特定の薬品や彼らが希望する医者がその保険にカバーされていないことを後日知った時、失望する可能性があると指摘している。

多大な混乱の原因になるのは、オンラインで加入手続きをした加入者の情報記録を保険会社が保持していない場合である。また、新たな加入者は彼らの医療保険計画を受け入れる医者を探すことが困難な状況も予測される。それらの医療計画の中には毎月の支払いコストを抑えるため、ネットワークで医療提供者の数を制限しているためである。更に、ACAに適合しない古い医療保険計画を保持していたため、保険会社からキャンセル通知を受けた国民は、新たな保険計画に加入しないかぎり医療保険を保持していない状況である。しかし、キャンセル通知を受けた人口層で新たに加入していない率はどの程度なのか不明である。

ACA下で医療保険に加入した多くの人達は、納税者が支払う税金の総額から差し引かれる税額控除があるため思ったより毎月の支払いがずっと安いと報告している。また、予算より幾分高い費用になっても安心して暮らせるためその価値はあると述べている人達もいる。一方、古い保険のキャンセル通知を受けたため、新たな保険と交換した人の中には、2倍の支払いになりショックを受けた人もいる。そのような苦情のケースには、ACAの受益である税額控除後の支払率など詳細な情報について、及び新しい保険計画には多数のメリットが含まれている可能性があることはほとんど明確にされていない。オバマ政権は繰り返し、キャンセル通知を受けた国民のほとんどがもっと質の高い新しい医療保険を得ることが可能であるはずだと表明している。

一方、様々な混乱は予期されているものの、保険会社や政府は質問に応答しているなどの情報をサイトに掲載したり、説明の広告をしたり、混乱を減少させるための努力を行っている。今日から患者数も増えるため事前に準備している医療機関も多い。幾つかの州では医者が新たに医療保険に加入した患者のために、サテライト.クリニックをオープンし、医者の数を増やし、開業時間を延長し、「我々はもっと多数の患者に会うことになる」と前向きな対応をしている。また、医療保険に加入していない国民の大半は、メディケイドまたは医療保険市場での交換を通して、助成民間保険の対象になると述べている医療関係者もいる。

長年、医療保険を保持していなかった数百万人が初めて病院にアクセスし、医者との出会いがあり、処方薬を購入する体験において、医療機関と患者の双方にとって多少の混乱が生じるのは当然であり、これは経時的に解消する問題である。いずれにしても、オバマケアはその跳ね返りがあればあるほど攻撃の的になる可能性が多分にある。その理由は、米国政府が50年以来達成できなかった複雑な医療改正法の成立において、その試練はまだ始まったばかりであるからだ。また、医療改革の分野で前代未聞の偉業を成し遂げる可能性がある人物は初の黒人大統領であること、及びオバアケアは保守派のシンクタンクの構想が由来であるというジレンマから、ACAは2014年も引き続き多数の政敵の選挙戦略として利用されることは必然である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。