アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

1日から施行されている医療改正法であるアフォーダブル.ケア.アクト(ACA)またはオバマケアの論争的な部分は、雇用主が無料の避妊薬を含む医療保険を従業員に提供することを義務付けていることである。カトリック教会は、特にこの無料避妊薬強制に反対しているため、それに関連のある修道女グループから法的挑戦を受けている。オバマ政権はすでに、宗教グループに対してこの規定部分を免除しているが、問題は複雑であるため3日最高裁に解決を要請した。

ACAの無料避妊薬強制は、避妊や中絶を宗教的理由からタブーとしている宗教界には問題であり、オバマ政権は宗教組織に対してこの規定を免除する方法で対処しているが、教会に加盟している慈善事業、特に養老院などで働く修道女などには何らかの混乱があり、法的なチャレンジに直面している。ACAの産児制限部分に挑戦しているのはデンバーのリトル.シスターと呼ばれる女性のカトリック組織である。この組織は、避妊薬強制部分が免除されていてもACAのフォームに署名することは、ある従業員がその書類を利用して無料の避妊薬を第三者から入手することは可能であるとして署名を拒否している。つまり、紛争は単なる書類の問題ではなく宗教の権力であり、産児制限が可能な避妊薬を無料で提供する条項に反対している宗教のリーダー達は、全ての信仰者(又は従業員)に対して、彼らのルールに従ってもらうという隠れた意図がある。

12月後半にすでに連邦裁判所およぶ控訴裁判所はリトル.シスターの主張を馬鹿げているとして却下している。フォームの署名はリトル.シスターの従業員に避妊薬を提供することをどの組織にも認可することにはならないと反論している。31日、最高裁の女性判事ソニア.ソトマイヨァ氏は産児制限条項を一時的に包囲することでこの組織に猶予を与えた。しかし、オバマ政権は、この規定は修道女には適用されないと主張し、最高裁に産児制限の一時包囲を解くよう依頼した。オバマ政権は、修道女または他の非営利団体の宗教グループの雇用主に産児制限のための無料避妊薬を含む医療保険を従業員に提供することを強制していないと表明しているからである。今日、米国司法省は最高裁にACAの避妊薬強制に反対するこの修道女グループからの挑戦に対処するよう要請した。

2010年にACAが制定された当時から、避妊薬の無料提供の規定部分は著しい社会的論争として発展しているが、宗教組織はこの規定を含む ACAに反対している。これはACAを撤廃したい共和党の攻撃の一因である。一方、無料のコウペイ(クリニック訪問料)も含めて、無料避妊薬を提供するこの規定部分は一般の女性に最も人気がある。今日オバマ政権の要請を受けた最高裁は、リトル.シスターに与えた猶予を拡大するかまたはこれを解除するか判定するはずである。この判定は、オバマ政権のACAの避妊薬強制部分に反対している全ての宗教組織に何らかの指針を与えると思われる。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。