アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

下院議会は16日、オバマ政権に対して、アフォーダブル.ケア.アクト(ACA)の加入者数および他多数の包括的情報を定期的に報告することを義務づける法案を通過した。この法案は必要以上に負担が予測されるため上院で通過し、オバマ氏が署名する可能性はないと思われる。

今日行われた「交換情報公開法案」の投票には 30人以上の民主党が賛成票に投じ、259対 154票で通過した。法案は、透明性を強化するため、連邦政府のACAサイトである(Healthcare.gov)のアクセス数、加入者数、加入者の人口動態的情報および他の詳細な情報を毎週報告することを義務づけている。

これまで、米国保健福祉省は50州のメディケイド加入者の状況も含めて、10月1日から毎月1回、サイトのアクセス数や加入者数を報告している。先週の報告では12月末からの加入者は220万人になっている。しかし、下院はアクセスのトラブルに直面した消費者の援助状況も含めて包括的な情報を公開するよう要求している。法案を支持した下院の共和党および民主党議員は、法案の要求事項は価値的な情報であり、透明性を促進するため必要であると述べている。また、加入者数やその署名者状況を頻繁に知ることは、保険料支払いの状況が予測可能になるため重要であると主張している 。

ホワイトハウスは「不必要な負担をかける」と反対をしているため、民主党多数派の上院は拒否する可能性が高い。この法案に反発している民主党議員は「ACAの施行を遅らせるための努力」だと述べている。もはや、共和党は、ACAの撤廃を露骨に表現できない現状であるため、ACAが「成功すればするほど共和党は自暴自棄になる」と述べている議員もいる。このような法案を通過させることは、サイトの些細なトラブルでも攻撃の材料になるため、長期的な紛争の要因になる可能性がある。下院議会は、オバマケアに対して、次から次に挑戦する事を止めないようだ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。