アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

近年、『アイデンティティ.シーフ』という映画さえ登場するほど、ID略奪およびサイバー犯罪が社会問題になっている。クレジット.カード番号、住所、電話番号など、最も重要な個人情報がネット上で盗まれるサイバー犯罪はインターネット時代の副産物である。昨年11月28日の感謝祭日前後から12月の中旬までの期間に数千万のクレジット.カード番号が盗まれた事件が発生した。今年に入り、その数は1億以上に達していたことが判明した。

米国最大手の小売店であるターゲットが最初に報告した数は約4,000万であるが、今年更に7,000万増加し、現在1億以上であると言われている。同時期に被害を受けたのは高級品専門のチェーン.デパートであるニーマン.マーカスを含めて、少なくとも6つのストアーやデパートなどである。しかし最近、銀行は盗まれたカード番号を変更し、新しいカードを多くの顧客に再発行し始めている。

NPRによると、小売店のターゲットは、このサイバー犯罪者がターゲットの顧客情報をどのようにハックしたのか正確には理解していない。しかし、ターゲットのネットワークが破られた技術的な理由として、犯行グループはウイルスを小売店のクレジット.カード.スワイプ.マシンに注入し、支払いカードの磁気ストライプからデータを収集したのではないかと説明している。この大規模なサイバー犯罪を調査しているのは民間会社、国土安全保障省、シークレット.サービスである。ターゲットのような小売業者を保護するため雇われたセキュリティ会社によると、犯人が使用しているマルウェアはウイルス対策ソフトで検出することはできないと述べている。ダラスに拠点を置くサイバー.セキュリティ会社によると、莫大な量のクレジット.カード情報をハッキングしたサイバー犯罪者は「ロシア全域で、高度に熟練した国際的なハッキングを展開しているグループである」可能性が高い。何故なら、「ターゲットを標的にして使用されたプログラミング·コードの一部は部分的にロシア語で書かれていたため、ロシア語圏の人々が関与している」確立が高い。このグループのサイバー犯罪は「旧ソ連組織犯罪とのつながりがある」ことを示唆している。

映画『アイデンティティ.シーフ』は、クレジット.カード番号、住所、電話番号、社会保障番号、メール.アドレスなどの個人情報が総体的に盗まれた場合、最も危険であることをコメディ.タッチで教えている。最悪のケースは銀行預金を含む全ての財産が盗まれる場合であるが、一般的にはほとんどのケースで被害者には債務義務はなく、消費者は保護されている。ID略奪犯罪のケースでは、顧客のクレジット番号が盗まれた可能性があることを本人より先に銀行が察知する場合もある。そのような銀行は取引が長く信頼性の高い支払い記録のある顧客に対して、不審な買い物記録に敏感に反応し、製品の発送先がその顧客の住所と異なる場合、電話で確認するなど慎重な対応をしてくれる。オンライン.ショッピングが日常化している今日、セキュリティ技術が高度になればなるほど、ハッカー技術も熟練しているようである。一方、店頭のショッピングで、電子メール.アドレスや電話番号などを聞かれた場合、大きなローンの買い物をしない限りほとんどのケースでそのような個人情報を提供する義務はないことを知る必要がある。また個人情報は売却されるため、デパートやストアーなどが発行する専門店カードを増やさないこともID略奪犯罪から身を守る方法である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。