アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2月, 2014 のアーカイブ

飲食産業によるACA割増料金の潜在的問題

飲食サービス業は、2012年大統領選挙の頃からアフォーダブル.ケア.アクト (ACA)又はオバマケアのため、顧客に割増料金を請求することを考慮し始めた。オバマ政権は最近、50人から99人までの従業員を抱える雇用主に対するACA下での強制加入を2016年まで、100人以上は2015年までに延期すると発表した。これは2回目の変更である。しかし、複数のレストランは既に1%及び3%のACA割増料金を追加していたことが昨日判明した。 (さらに…)

アリゾナ州のSB1062に対する驚異的な拒絶反応

アリゾナ州の知事ジャン. ブリューワー氏は、昨夜急遽記者会見を行い、同州議会が先週通過した上院法案(SB1062)に署名することを拒否すると発表した。SB1062は、宗教上の理由でLGBTに対するサービスの拒絶をビジネス業界に認可する差別的法案である。署名するか拒否するかどうかの決定は来週になるとの予想に反して早急であったが、拒否するとの予測が濃厚であった。この法案に対する多数のビジネス業界及び政界著名人の拒絶反応は圧倒的であるが、多数の保守派の州も似たような法案を紹介している事実も驚異的である。 (さらに…)

ホームレス救済のミニ.ハウス建設ブーム

厳しい寒さが続いた米国の各地では、ホームレスを救済する活動も活発になり、全国の各地で経済的な効率性があり、環境にフレンドリーなミニ.ハウスを建設する運動が推進されている。ホームレス問題の解決に関心を持つ一般市民と地域社会が結束し 、納税者に負担をかけることなく、ホームレスを救済する努力は様々な方法で着実に展開されている。 (さらに…)

論争的な差別法案を通過したアリゾナ州

アリゾナ州は先週、宗教の自由を保護するため、同性愛者や両性愛者および性転換者(LGBT)に対する論争的な反LGBT 法案を通過した。その後、多くのビジネス.リーダーやLGBT支持活動家などが知事ジャン. ブリューワー氏に拒否権を行使するよう呼びかけている為、現在全米が注目している。 (さらに…)

米国最高裁はEPAの権限に関する聴聞を開始

最高裁は、気候変動に対抗するため二酸化炭素の排出量を制限し、温室効果ガスを減少する規制を課すオバマ政権の環境保護局(EPA)に挑戦した、共和党先導の保守派グループとその関連企業の聴聞要請を受け入れた。今後数ヶ月間続くと思われるこの聴聞は、オバマ政権のエネルギー政策における勝利の是非を決定する重要な鍵になる。 (さらに…)

米国最高裁はNRAの挑戦を拒絶

最高裁は、全米ライフル協会(NRA)に提起された最も論争的な銃規制に関する複数の判例の合法性を問いただした挑戦を拒絶した。これにより、連邦および州の銃法に関して3つの裁判所の判定を却下することなく維持する結果となった。 (さらに…)

2014年中間選挙の注目のポイント

2014年の中間選挙は非常に大々的な総選挙である。議会選挙の場合、上院の現役100名中33人、及び下院で 435 の全議席を更新するため、現役431人の下院議員は議席を失うかまたは維持できるかどうかの挑戦に直面する。また、3月にはフロリダで特別選挙の投票が行われる。更に、同じ党に複数の候補者が立候補している州では、最有力候補者を選定するための予備選挙が行われる。そのスケジュールは州によって異なり、早い州では来月に始まり、遅い州では10月になる場合もある。地方選挙では知事選が36州で行われ、議会選挙と地方選挙はいずれも11月4日に投票が実施される。 (さらに…)

アダムズ.オニス条約が調印された日

1819 年 2月 22日は スペインからフロリダを買収するための条約に、当時、米国国務長官であったジョン.クインシー.アダムズが署名した日である。米国は19世紀にフランスやスペインから領土を買収することで米国領土を拡大し続けた。 (さらに…)

平和協定に調印したウクライナの暴動は終焉か?

昨年11月から始まったウクライナのデモ抗議による暴動は、ひとまず終焉を迎える。今年最も注目を浴びたウクライナの国際危機はEUの仲介により、今日主に6つの譲渡条件を構成する平和協定が調印された。しかし、まだ多数のデモ抗議者は懐疑的であり、平和協定に納得していない。 (さらに…)

最低賃金引き上げのプレッシャーの波

最低賃金引き上げは、中間選挙の民主党の重要な戦略のひとつであるが、18日の議会予算局(CBO)およびホワイトハウスの報告を受けて、州や地域レベルでも最低賃金引き上げを検討する動きが始まった。ウォルマート(W.M)は最低賃金を上げることを考慮すると発表し、アパレル業界で大手のGAPは、GAPも含めて会社が所有する他6社の従業員の最低賃金を上げる決定をしたことを発表した。

(さらに…)

最低賃金の引き上げが必要な理由

超党派の議会予算局(CBO)は、18日最低賃金を$10.10および$9.00に引き上げた場合、90万人の貧困を引き上げるが、500,000人に相当する雇用が縮小する可能性があると報告した。これに対して、ホワイトハウスの経済委員会の顧問は、雇用減少の証拠はないとして、その根拠を説明し、最低賃金引き上げの研究について発表したCBOの要点を解説した。 (さらに…)

米国兵士のフード.スタンプ利用は着実に増大

軍人家庭によるフード.スタンプの使用は過去8年間で昨年が最高に達した。フード.スタンプの利用者は、一般の低所得者や失業者に限らず、国に奉仕する下級ランクの現役兵士または退役軍人およびその家族も利用していて、毎年着実に増えている。 (さらに…)

景気刺激法制定5年後に発覚した共和党の裏活動

2月17日の今日は、オバマ大統領が署名したアメリカ復興と再投資法(ARRA)である7,870億ドルの景気刺激法が2009年に制定されてから 5周年記念目を迎える。ほとんどの共和党は、この法案の制定に反対したが、反対票を投じた共和党の主要人物を含む12人以上の議員は、地元地区の景気対策と雇用拡大のため、この法の融資を受けていた。 (さらに…)

地球温暖化政策が進まない要因

異常気象が続いている昨今、気象庁および科学者は気候変動および地球温暖化が原因であることを指摘し、ようやくこの問題が提起されるようになった。16日、NBCのMeet the Pressの進行役を務めるディビッド.グレゴリー氏は、この問題について約10分間のテレビ.インタビューで、科学教育者及びプラネタリー社会のCEOであるビル.ネイ氏と共和党議員で下院エネルギー商業委員会副委員長のマーシャ.ブラックバーン氏に質問形式で論議を進めた。地球温暖化政策が進まない要因は様々であるが、気候変動の問題解決にはコストの懸念がある。しかし、地球温暖化政策に反対する一部の政治家は、エネルギー関連企業から献金を受けているため政治的利害関係が政策を左右している事実もある。 (さらに…)

悲惨な氷雪と壊滅的な旱魃

米国の南部及び北東部はひどい降雪に見舞われている。雪が不要な場所ではうんざりするほどの降雪があり、旱魃のため、雪が必要なカリフォルニア州の山間部では雪不足という皮肉な天候が続いている。悲惨な氷雪に見舞われている各地では路上で多数の死者が出ている。ニューヨークでは妊娠中の女性が除雪機による衝突事故で死亡したが赤ちゃんは誕生するという異常事態が発生した。一方、カリフォルニアは、引き続き水不足の懸念が解消していない。オバマ大統領は昨日の金曜日、旱魃に見舞われている北カリフォルニアのセントラル.バレーを訪問し救済を公約した。 (さらに…)

オバマ氏遠縁の親戚は過激派ティーパーティ候補者

2014年中間選挙の上院共和党の候補者にはティーパーティ議員として出馬するミルトン.ウォルフ氏がいる。驚くことに、この人物はオバマ大統領の遠縁の従兄弟であり2010年にはオバマ氏を賞賛したが、現在オバマ氏をヒトラーのような独裁者であると批判している。 (さらに…)

順調な成長を示すオバマケア

1月の医療保険の加入者は引き続き予想以上に増大し、若い世代の加入者が著しく増えたことが判明した。また、オバマ政権は10日に中小企業に対する強制加入を再度延期したため関連企業は安堵している。アフォーダブル.ケア.アクト(ACA)又はオバマケアは順調で正しい方向に向かっていることを示唆する報告である。 (さらに…)

上院はフィリバスターを克服しクリーン法案を通過

上院は今夜緊急に、下院で昨日通過した債務限度引き上げのクリーン法案を通過させた。オバマ大統領の署名を待つばかりである。上院共和党の多くは、テッド.クルーズのフィリバスターに反対し、クリーン法案に投票する前にクローチャー投票を行った。 (さらに…)

下院は債務限度引き上のクリーン法案を通過

下院は昨日の夕方、債務限度引き上げ法案に無条件で投票し221対201の票差でクリーン法案を通過させた。他の交渉条件を考えることを意外にも早く諦めた結果である。 通過した法案は上院に移動し、まもなくの投票が期待されているが、上院ティーパーティ議員は債務引き上げのクリーン法案の投票を阻止するためフィリバスター(議事妨害)を行使すると宣言した。一方、上院は10日、包括的退役軍人法案の投票を行い圧倒的な支持で通過した。 (さらに…)

毒性物質取締の怠慢を示唆する漏洩事故

汚染前のエルク.リバー                                                  汚染後

ウエスト.バージニア州一部人口300,000人の水源であるエルク.リバーに多量の化学物質が漏れ、1月9日に同州の知事は緊急事態宣言を発表した。1ヶ月以上月経過した現在でも、悪臭があるとの苦情があり、水の安全性は不確実な状態である。驚くことに、事故当事者である化学品工場の安全基準は米国の一般的な安全基準に適合していなかったことが事故の3ヶ月前には既に判明していたことを同州の議会は昨日の聴聞会で知ったばかりである。 (さらに…)

移民改正法で板挟みのベイナー氏

下院議長のジョン.ベイナー氏は暫定的な移民改正法の基準を先週公表したばかりであるが、それから1週間後の6日、共和党とオバマ大統領との信頼関係に問題があるため、移民改正法を推進することは出来ないと記者団の前で抽象的な発言をした。これを受けて、昨日上院民主党は、今年までに制定することを目指すよう呼びかけた。 (さらに…)

コーク帝国のネットワークとダーク.マネー

コーク兄弟は多数のCEO、ビジネスリーダー、富豪層、および、政治ロビー活動組織とのコネクションがある。2012年には、寄付者不明のダーク.マネーと呼ばれる暗の政治資金が25以上の組織に流れていた。コーク帝国と呼ばれるこれらのネッワークの多くは、政治活動を許可されていない社会福祉団体として税控除を受けているティーパーティ組織である。コーク兄弟は、今年も既に2014年の中間選挙で民主党を打倒するため秘密の資金集めを開始していたことが判明した。 (さらに…)

オバマ氏2014年農業法案に署名

オバマ大統領は今日ミシガン州のミシガン大学を訪問し、4日に上院が通過した農業法案に午後署名した。数年間の葛藤があった農業法案には予測に反し、低所得者および貧困層に必要なフード.スタンプも含まれ、主に農家を援助するため、種々の農業開発研究プログラムに投資されていることが特徴である。 (さらに…)

茶番劇を繰り返す共和党の債務限度引き上げ紛争

債務限度引き上げの公式期限は2月7日である。しかし、財務省は投資信託の据え置きなどの「臨時措置」により、今月末まで延期することが可能である。それまでに議会は財務省が支払いを可能にするため債務限度引き上げ法案を通過しなくてはならないが、 相変わらず共和党は譲渡の条件を提起するチャンスを狙い、茶番劇を繰り返している。 (さらに…)

医療保険未加入者の地理.人口動態的傾向

APおよびオバマ政権は、医療保険未加入者の地理的および人口動態的な調査を実施した。その調査結果によると、アフォーダブル.ケア.アクト(ACA)またはオバマケア下で医療保険に加入していないアメリカ人は、全米に散在している状況ではなく、地域的に集中している特徴があることが判明した。 これらの結果は、一部の郡に保険未加入者が集中し、特に若い世代に多いことが顕著である。 (さらに…)

FDAの青少年喫煙対抗と法律制定の威力

若い世代の喫煙は長い間、彼らの健康を害する深刻な社会問題の一つであるが、オバマ政権の食品医薬品局(FDA)は青少年の喫煙に対抗するための広告キャンペーンを開始すると発表した。オバマ大統領が2009年に署名した家族喫煙防止及びタバコ調整法(FSPTCA)の威力を示唆する動きである。 (さらに…)

ACA下の医療保険料は保守州で高い傾向あり

アフォーダブル.ケア.アクト(ACA)またはオバマケア下での医療保険料は、保険計画の種類によって異なり、また地域によってばらつきがある。保険料は毎月$100以下から$500前後までと幅が広いが、 最も高いランク10の地域は圧倒的に保守派州であることが判明した。 (さらに…)

カリフォルニア州の旱魃は失業を増加

カリフォルニア州の100年以来の記録的な旱魃で最悪の打撃を受けている地域はセントラル.バレーの農業地である。セントラル.バレーはカリフォルニア州の13.7%又は22,500sq. マイル(58,000 km2)の土地を占めるが、農業地域の失業率が高くなり、フード.バンクに依存する人口が増えることが懸念されている。 (さらに…)

道路閉鎖スキャンダル:クリスティ氏への疑惑

ニュージャージー州のジョージ.ワシントン(G.W)橋の道路封鎖により著しい渋滞を招いたスキャンダルの調査はまだ続いている。昨夜、召喚を受けたスキャンダルの主要人物の証言により、1月9日に同州の知事クリス.クリスティ氏が記者団に語ったことは虚偽であり、事実を歪曲した疑いが出ている。 クリスティ政権の弁護士はこれに挑戦する構えを見せているが、クリスティ氏は更に厳しい局面を迎えた。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。