アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

APおよびオバマ政権は、医療保険未加入者の地理的および人口動態的な調査を実施した。その調査結果によると、アフォーダブル.ケア.アクト(ACA)またはオバマケア下で医療保険に加入していないアメリカ人は、全米に散在している状況ではなく、地域的に集中している特徴があることが判明した。 これらの結果は、一部の郡に保険未加入者が集中し、特に若い世代に多いことが顕著である。

APによると現在、ACAのウェッブサイトは順調に作動している。雇用主が医療保険を提供していない人々のための助成金付き民間保険加入は3月31日が締め切り日である。オバマ政権は「新たな保険市場を維持するため数百万の顧客」を確保する必要がある。米国保健福祉省(HHS)の通信ディレクターは、オバマ政権は郡レベルより更に小地域レベルで「独自の地理的な研究を実施している」ため、「我々の努力は、未加入者の人口層が最も密集する地域で意識を高めることができることを目指している」とし、地理的な研究の有効性を語っている。医療保険加入者を増やすHHSの努力は、加入者がACAのウエッブサイト上で署名することを待っているばかりではなく、州、郡、市レベルで医療保険の未加入者状況を地理学的および人口動態的に調査し、同省の長官キャスリーン.セベリウス氏が現場に赴いて署名キャンペーンを実施する計画が含まれている。

APが5日発表した独自の人口動態的な調査によると、医療保険に加入していないアメリカ人は全米の3,143郡の中でわずか116郡である。108の郡で 19歳から39歳の若い世代が無保険者であることが判明した。これらの人口層は慢性疾患の可能性が高い高齢者のコストを相殺するため最も加入が要求されている。また、ミネソタ健康データー.センターが実施したAPの研究は、わずか13郡で20%の未加入者がいることが判明した。最大郡のロスアンゼルスでは全米の5%の200万人以上がまだ医療保険に加入していない状況である。

オバマ政権の担当者は「APが実施した研究結果とパターンが一致している」と述べたという。連邦政府は未加入者が集中する25の主要都市を特定した。そのトップの2つはテキサス州のダラスとヒューストンである。次にマイアミとアトランタである。北東部ではニュージャージ州北部の大都市およびフィラデルフィアがリストに含まれている。中西部市場では、デトロイト、クリーブランド、インディアナポリスなどである。南部の都市はテネシー州のナッシュビルおよびノース.キャロライナ州のシャーロットである。一方、イリノイ、カリフォルニア、ニューヨーク、ワシントンは加入者の拡大にリードしている州である。

研究の結果から、農村地では無保険の人口層は少ない傾向にあるが、一方、無保険のアメリカ人は、一般的に人口が密集している主要な大都市圏に住んでいることが判明した。無保険者が多い所ではシカゴを含めて、イリノイ州のクック郡であり、全米で無保険者が多い地域の3番目にランクされている。また、クック郡は、若い世代の未加入者が多い地域としても3番目であり、460,000人以上の若年成人が無保険状態である。この世代は、何らかの健康問題に直面していない限り、医療保険のことを心配するのは数十年後であると考える傾向があるようだ。

上記の調査は、医療保険の未加入者が多い地域は全米でわずか116郡に集中し、108郡で20代、30代の若い世代に未加入者が多いことが判明した。また、未加入者が最も多い地域は、北東、中西、南部の25都市に集中し、テキサス、フロリダ、ジョージア、ノースキャロライナなどACA下のメディケイド拡大を拒否している州で無保険者が多いことが示唆された。一方、総体的にリベラルな州では積極的にオバマケアが支持されている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。