アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

1月の医療保険の加入者は引き続き予想以上に増大し、若い世代の加入者が著しく増えたことが判明した。また、オバマ政権は10日に中小企業に対する強制加入を再度延期したため関連企業は安堵している。アフォーダブル.ケア.アクト(ACA)又はオバマケアは順調で正しい方向に向かっていることを示唆する報告である。

米国保健福祉省(HHS )の12日の報告によると、ACA下での1月の医療保険加入者は予想を遥かに上回り110万人であり、前回の合計数220万に加えて2月1日までに約330万人に達した。また、過去3ヶ月間で全体の加入率は53%増大し、そのうち若い成人の加入率は他の全ての年代層を上回った。2014年度の最後の締め切りになる3月末までに加入しない個人は罰金が科せられるため、更に2 月 及び3月の署名者は増大することが予測されている。

330万の加入者の人口動態的調査によると、55%は女性、45%が男性である。また、31%は34歳以下であり、25%は18歳から34歳である。保険計画で最も安いブロンズ計画に加入した人は19%で、中間のシルバー計画に加入した割合は62%である。また、助成金資格者でその保険計画を選択した人口層は、2013年10月1日から12月28日の期間に報告された79%から82%に増大した。

オバマ政権は10日に中小企業に対する強制加入の延期を発表した。50名から99人までの従業員を抱える雇用主に対する強制加入は2016年まで延期された。これは、昨年2015年までに延期が発表されてから2回目の変更である。100人以上の従業員が存在する企業の雇用主は2015年から強制部分は施行されるが、2015年には労働者の70%を医療保険に加入させるだけで良いという条件になっている。また、年間に半年以下の季節労働者には医療保険を提供する必要はない。

ワシントン.ポストによると、週に30時間以上勤務する労働者をフルタイムとしてACAに適合すると定義している。また、無理のない毎月の支払いコストは従業員個人の収入の9.5%以下である事と定めている。雇用主は労働者の保険料の60%を支払う必要がある。この規則に従って、労働者に医療保険を提供しない雇用主は、従業員一人あたり2,000ドルの罰金を支払うことが義務づけられている。しかし、従業員はその受益に対して署名する必要はない。また、ACA下では、50人以下の従業員がいる小規模企業の雇用主は医療保険を提供する必要はない。しかし、彼らは秋から利用可能な連邦小規模ビジネス市場を通して医療保険計画を購入することが可能である。

延期の発表は、ビジネス業界のプレッシャーを緩和し、十分な準備期間を提供する為である。雇用主は総体的にこの変更を歓迎しているようである。しかし、下院議長ベイナー氏を含む複数の共和党は、個人加入者に対して延期しないのは不公平であると批判しているが、個人と企業は全く状況が異なる。 労働形態には様々なケースがあるため、その個々のケースに沿ったガイドラインを提供するためには時間が必要である。企業の経済的事情に加えてもっと複雑な事情があるため、企業にたいする強制加入の延期が発表されたものと思われる。今後、HHSは企業に対してこの法の強制加入部分を施行するため、 更に詳しい情報を提供することが予定されている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。