アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

1819 年 2月 22日は スペインからフロリダを買収するための条約に、当時、米国国務長官であったジョン.クインシー.アダムズが署名した日である。米国は19世紀にフランスやスペインから領土を買収することで米国領土を拡大し続けた。

アメリカがフロリダを買収した理由は、メキシコ湾に隣接する地理的な利便性に加えて、肥沃な土地、および土着のアメリカ人であったインディアンが既に移住していたためである。また、アメリカの独立戦争後、スペインがフロリダを保留している状況は希薄になり、米国と頻繁に境界線の紛争があったためである。1810年までには、既にアメリカ人移住者は西部フロリダに在住し、彼らはスペイン当局に謀反を企てた。4 代目の大統領であったジェイムス.マジソン(1809–1817) はアメリカの領土であると宣言した。アメリカの西部占領は1813年までに終わり、アンドルー.ジャクソン将軍(7代大統領1829—1837)は1817年のセミノール戦争又はフロリダ戦争の期間に西フロリダの主要領土を侵略した。このような米国の攻撃的な占領はスペインにフロリダ売却を促す動機になった。

フロリダ買収条約は、1819年まで10年間米国に滞在したスペインの外務大臣ルイス. デ .オニスに、スペインはフロリダを売るべきであると説得したアダムズの交渉に由来し、アダムズ.オニス条約とも呼ばれている。1819年に調印されたフロリダ買収条約は1820年10月に批准されたため、その後スペインに対して、アメリカ市民が移住を要請する必要がなく、スペイン市民とアメリカ市民との紛争を解消することに役立った。アダムズ.オニス条約の主な条項は、ルイジアナ買収とスペイン南西の領土の境界線を明確に定義した。数年後にはフロリダは米国の領土として組織化し、1840年代には奴隷州として認定された。米国は1803年にはルイジアナの約210万km2をフランスから買収し、1845年にはメキシコ領土であったテキサスを併合したため米国の領土は拡大し続けた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。