アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

最高裁は、全米ライフル協会(NRA)に提起された最も論争的な銃規制に関する複数の判例の合法性を問いただした挑戦を拒絶した。これにより、連邦および州の銃法に関して3つの裁判所の判定を却下することなく維持する結果となった。

ロイター によると、最高裁がNRAから挑戦を受けた判例は3つある。 最初のケースは、18歳から20歳までの若い世代が拳銃を公衆の場に携帯することを防ぐテキサス州の法律に関するものである。この法律に対するNRAの法的疑問は、国民は憲法改正法第二条下で、公的場所でも武器を所持する広範な権利があるかどうかである。二つ目の判例は、21歳以下の人物に銃および弾薬を売る武器業者を違反とする1968年の連邦政府の幾つかの法律と規制が合法的であるかどうかに挑戦したものである。三つ目の判例は、消費者は武器販売を規制する法律に対抗する合法的権利があるかどうかを問うものである。これは州間で銃の輸送を制限する連邦法、および隣接するバージニア州を経由して銃を得ることを希望した幾つかのワシントンDCの地区で起訴された判例に対するNRAの挑戦である。

最高裁がNRAの挑戦を拒絶したケースはいずれも地元での裁判所がNRAを納得させる決定を下さなかったため、最高裁に上訴したものである。上記の3つのケースは重要な疑問の提起であると思われるが、最高裁が拒否した理由は、州裁判のレベルでの判断を尊重したものと思われる。 しかし、銃規制に関して、今後最高裁での聴聞を拒否することを明確にしたものではないが、今日全ての聴聞を拒否したことで、政治的、社会的、および安全性に不安定な問題を未解決のまま残すことになりそうである。いずれにしても、銃規制は国レベルで統一することは難しいことを示唆している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。