アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

今日、大勢の学生や環境活動家はオバマ大統領に論争的なキーストーン.パイプラインの拒否を求めて、ホワイトハウスの前で緊迫したデモ抗議を行った。しかし、20名以上の活動家は逮捕された。

ロイターによると、参加者は主に学生であり、ニューヨーク大学のサインには「プラネットBは存在しない」、また「コロンビアは化石燃料にノーと言っている」とのメッセージを掲げている。他のグループは油をイメージする黒のインクの飛び散った白いジャンプ.スーツを着て、ペンシルベニア通りに広げた黒のタープの上に横たわっている。デモの主催者は、推定1,000人であり、数百人は、ホワイトハウス前の歩道を離れることを拒否することで、逮捕されるリスクに合意したという。彼らは「もし民主党が我々の票をほしければ、大統領がパイプラインを拒否することを明確にした方がいい」とニューオリンズのチューレーン大学の23歳の学生は述べている。若者は「大統領の党の投票人口の鍵」であり、彼らの仲間は「現在のリーダー達による環境被害を継承したくない」ことを思い起こさせることがデモの目的であるという。

パイプライン建設の提唱者は、カナダのエネルギー会社であるトランスカナダ社である。オイル.サンドから抽出される原油をカナダのアルバータから米国の湾岸地域に運搬するパイプラインの支持者は、数千人の雇用を創出すると主張している。今日ホワイトハウス前で逮捕されることも覚悟して反対している学生らは、オイル.サンドから抽出される原油は、普通の原油よりもっと有害であり環境を破壊すると指摘している。パイプラインは国境を超えて建設されるビジネスであるため、最終的には米国の国務省や他の政府機関が環境問題を検討し最終的な決定はオバマ氏の掌中にある。これまで数回ホワイトハウスの前でデモが行われているが、環境破壊を懸念する彼らの抗議には緊迫感がある。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。