アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

ビジネス経済専門組織は24日、今春から2015年までの経済は好調であるとの楽観的な展望を発表した。今年の冬は厳しい寒さが続いたものの、今後暖かい季節に向けて、GDPの増加、失業率の減少、雇用拡大など、経済は向上するとの明るい見通しがあると報告した。

全米ビジネス経済学協会(NABE )によると、2014年2月19日から3月5日までに実施されたマクロ経済予報による48人の経済学パネリストのコンセンサスによると、今後2年間で景気後退がある可能性はわずか約15%である。また、今後もインフレーションは穏やかであり、米国の経済は労働市場、消費者動向、住宅市場も含めて総体的に向上するとNABEの会長および全米小売業協会の主任経済学者ジャック.クラインヘンズ氏は述べている。

これらのパネリストは、今年極端な寒さが続いた冬の時期は、実質GDP成長率から第一四半期の年率 0.4%ポイントはマイナスであるとの見解があるにも関わらず、12月の調査で2014年のGDP成長率は年間平均2.8%であり、予想の2.5%より強くなると予測している。また、今春以降の経済は成長傾向があり、今年後半のGDPは健康な3%のペースに上がり、2015年には3%以上の経済成長加速があると見込んでいる。2014年の第一四半期の年率1.9%に比較し、2015年の第三四半期には3.2パーセントの着実な上昇があると予想している。

また、ほとんどの経済学パネリストは、失業率は現在の6.7%から、2014年は平均的に6.4%、2015年には6.1%に減少すると予測している。また労働市場は2014年には月平均188,000の雇用拡大があり、2015年には月平均205,000の雇用が追加されると推定している。更に、2014年および2015年の企業の経済利益は増加が見込まれ、住宅市場は今年跳ね返りがあり、住宅価格の値上がりも期待されている。不動産価格の上昇は買手市場型ではないが、住宅所有者の肯定的心理は経済活性化にプラス要素であることは確かであり、今後の経済状況は総体的に明るい見通しであることを報告している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。