アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

共和党の下院予算委員長のポール.ライアン氏は1日、今後10年間の予算案を発表し、今年の選挙戦略であるアフォーダブル.ケア.アクト(ACA)の撤廃を数値で具体化している。この予算案は、昨年11月に公表した貧困との戦いの構想と直結しているが、現実的には米史上最も成功していると言われている福祉プログラムの削減を税制改革として強調している。しかし、両党の戦略専門家は、共和党はACAの撤廃戦略を放棄し、最も重要な経済政策に方向転換すれば中間選挙に勝利すると予測している。

2012 年の大統領選で共和党副大統領候補であったライアン氏の予算案は、主に今後10年間で約5兆ドルの支出削減をすることである。その削減の主要部分はACA又はオバマケアを撤廃することである。ACA下で拡大されたメディケイドは、助成金を州に提供しているためACAを撤廃した場合、約3兆ドルを節約できると推定している。また、メディケアを徐々に民営化する意向があるため、これも、クーポン制度に変えることを打ち出している。この予算計画では、2024年からの新退職者は、伝統的なメディケア.プログラムに留まるか又はその民営化を選択する必要がある。更に退職者の社会保障制度も民営化する狙いがあり、受益適正年齢を徐々に引き上げる予定である。また、栄養補給援助プログラム(SNAP)であるフード.スタンプ支出の200億ドル以上を削減することも予算案に含まれている。これらは全てライアン氏の税制改革である。共和党はライアン氏の予算案を下院で通過できると主張しているが、まだ投票には至っていない。

ライアン氏は最近、民主党に対して攻撃的な動きを展開しているが、これらの予算案は、国民に支持を得なかった2012年の大統領選の戦略とほぼ同じである。2016年の大統領選挙に立候補するかどうかは公表していないが、その意志があると憶測されている。昨年11月には貧困との戦いに集中していると公表し、3月には「貧困への戦争:50年後」と題する約200ページの提案書を公表した。しかし、米国の貧困を減少するライアン氏の構想は、4月1日に発表した今後10年間の予算計画に連結していて、メディケイドやフードスタンプなど、従来貧困者を援助しているプログラムの削減に結びついている。ライアン氏は、連邦政府の多くの福祉プログラムは貧困者にプラスにはならないと考えているようであるが、ニューヨーク.タイムス(NYT)は、ライアン氏の貧困対策は「小さなアイデアである」と指摘している。ライアン氏は「連邦政府のプログラムは問題を表明していないばかりか、悪化させるいくつかの著しい側面がある」と述べているが、NYTは「事実を歪曲している」と批判し、ライアン氏が削減を目指す「税控除、メディケイドおよびフードスタンプを含めたプログラムは、ほとんど慎重に企画され、適切に管理され、よく融資されている為成功している」と指摘している。

当然であるが、民主党のリーダー達は、この予算案に反発している。下院少数派の民主党リーダーであるナンシー.ペロシ氏は、ライアン氏の予算案は高齢者、労働者、学生、中産階級を攻撃していると批判した。民主党議会選挙委員会の議長クリス.ハレン氏はライアンの予算案は米国の経済を弱体化し、「裕福者に有利なゲームのルールを装うための選択である」と指摘している。また、加入数の報告は「ACAはかなりその公約を保持し、日増しに強くなっていることを明確にしている」と反論している民主党議員もいる。

50年前、「貧困への戦争」を宣言したのは民主党の36代大統領リンドン.ジョンソンであるが、ライアン氏の貧困と闘うプログラムおよび予算案はそのオリジナルに反し、労働者、高齢者、女性、子供を見放す政策である。一般の国民のACAに対する理解度や人気度はまだ高くはないため、国を二分していることは事実であるが、ACA に加入した約700万人およびメディケイド加入者の医療保険を阻止することはもはや現実的ではない。従って、最も重要な戦略である経済の活性化に焦点を変えない限り、共和党は中間選挙で苦戦すると思われる。

CBSニュースによると、共和党の政治戦略家ニール.ニューハウス氏は、700万の加入者がいる「オバマケアについて2度考える」必要はないと指摘した。また、民主党政治戦略家のセリンダ.レイク氏は、「多くのアメリカ人はACAの撤廃およびメディケイドとメディケアの削減を好まない」と述べている。特に、360,000以上が民間の医療保険会社を通して保険計画を購入し、またACA下の拡大プログラムでメディケイドに加入した共和党寄りのケンタッキー州では、この法に関する世論は分極化している。その内の75%は昨年の10月前には医療保険を保持していなかった人口層である。しかし、ケンタッキー州の有権者の約50%はオバマケアの撤廃を支持する人口層であるため同州は最も論争的である。従って、両党の政治戦略家は、共和党はオバアケア撤廃戦略を廃止し、経済や雇用などの重要な戦略を強調すれば中間選挙に勝利すると忠告している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。