アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

最近の調査ではオバマ政権の医療保険改正法であるアフォーダブル.ケア.アクト(ACA)の医療保険料は予想よりかなり安くなったため、ACAの助成金にかかる連邦政府のコストも2ヶ月前の予測より大幅に減少したことが判明した。

超党派の政府経済顧問機関である議会予算局(CBO)の発表によると、2ヶ月前の予測と比較して2014年のACA下での連邦政府の費用は予想より50億ドル安くなり、2015年から2024年の期間では最初の予測より1,040億ドル安くなると発表した。これは、以前の予測に反して、保険料が安くなっている為である。

CBOの発表は、連邦政府のコストも国民の保険料も高騰すると主張してきた共和党の見解を覆す報告である。ワシントン.ポストは、将来、医療保険加入者数は更に増える可能性があり、平均的にもっと健康な人達が加入する割合も高くなるため、2015年に保険料が高騰するという「明白な証拠はない」と述べている。つまり、CBOの2月の予測より、保険料が低下しているため、連邦政府によるACA助成金のコストは減少する「重大な要因」があると指摘している。2014年の平均予測助成金は$300(6%)安くなり、2024年には最初の予測より$1,200(14%)減少する。

また、CBOは2015年の保険料の増加はわずかであると予期している。助成金を決定するために使用されている水準基標であるシルバー.プランの保険料は、2014年の$3,800から2015年には$3,900ドル上昇すると予測している。晩年には保険料はもっと上がると予測されているが、CBOは、2016年の医療保険料は4年以上前に予測した数値を15%下回ると予測していると述べている。

医療保険加入者は3月31日までに710万人に達し、予想以上に多数の健康な若い世代が加入したことがCBOの著しい予測修正の要因であると思われる。ACAの施行は、加入状況によって国の歳入と支出などにインパクトがあるため、国民の税金も含めて、今後多くの側面で経済状況が変わることが予測される。ACAの助成金にかかる連邦政府のコスト及び個人の保険料は低下傾向であることを示す証拠が意外に早く提示されたようである。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。