アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

5 日、ニューヨーク市長のビル.デ.ブラジオ氏は、低.中所得者にとって支払いに無理のない住宅建設の計画があることを発表した。これは前市長のマイケル.ブルンバーグ時代から始まったプロジェクトを拡大したもので、全米で最も大規模な構想であると言われているが、まだ様々な問題は解決していない。

ニューヨーク.タイムスによると、ブラジオ氏の低.中所得者向け住宅建設計画は、13の市機関、200以上の住宅開発業者、住宅開発提唱者、および労働者リーダー達と直接会話し調整した構想に基づいている。その計画は10年間で合計410億ドル以上を投資し、ブルックリンに住宅を建設する予定である。一部は州と連邦政府から29億ドル、民間企業および個人の融資から300億ドルを資金として充当することが予定されている。値段の安い住宅を建設することで、家賃支払いに苦労している低.中所得者を援助するためである。ニューヨーク市のアパート賃貸契約者の1/3は収入の50%以上を支払っていて、これは連邦政府の30%以上超過している。市内にアパートまたは住宅を賃貸することを諦めた人口層が増えているため、彼らを援助することが目的であり、またそれはブラジオ氏の公約でもある。

その公約に基づく計画は現存する120,000万戸に新しい80,000万戸を追加して、合計200,000万の安いユニットを今後10年間で維持することである。これは前市長マイケル.ブルンバーグ氏が3期間就任中、そのようなプロジェクトのために53億ドル以上、市のお金および他の資金源を利用して投資した規模を上回っている。ブルンバーグ氏は12年間で165,000戸を保持する計画であった。ブラジオ氏は、過去にアパートの入居資格がなかった年間収入25,000ドル以下の極端な低所得者が利用可能なユニットを含めることも目指している。

しかし、幾つかの主な戦略についてはまだ未解決であり、大幅な研究課題が残っているため、少なくとも来年の中頃まで効力を発揮しないと言われている。助成金プログラムおよび賃貸規定などを管理しているニューヨーク州の政府および州議員の支持も必要である。新たな住宅建設プログラムの50%は、低.中所得者に適切な家賃の住宅を提供するためであり、家賃を支払うことが著しく困難な人口層を支援する団体は、このプロジェクトを支持している。有力な業界団体であるニューヨークの不動産委員会の社長スティーブン·スピノラ氏は、その計画は「解決策のための現実的なロード.マップ」を提供しているとコメントした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。