アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

先月ジョージア州は、全米最強の銃保持の権利を拡大し、特定の公共場所で拳銃の携帯を許可する法律を制定した。最高裁は5日、銃器保有者が自宅の外で銃を保持する憲法上の権利があるかどうかを決定することを要請したニュージャージー州の聴聞請願を却下した。

今日最高裁が聴聞を拒否したDrake .v. Jerejian(ドレイク.対.ジェレジアン)判例には2つの疑問が提起されている。それは(1)憲法修正第二条は自己防衛のため、家の外で拳銃を携帯する権利を保証しているか?(2)その権利を行使する個人に対して、正当な理由を要求する州政府は憲法修正第二条に違反していないかである。これは昨年2月12日、第3巡回米国上訴裁判所がニュージャージー州の法律は合法的であると判定したため、最高裁に上訴された判例である。

ニュージャージー州は、銃を外に持ち運ぶことを希望する人に対して、その特別な理由を提示することを要求している。メリーランド州やニューヨークも同州と同じような法律を制定しているが、ニュージャージー州のこの法律に対抗した一部のグループは、全米ライフル協会(NRA)および銃保持者財団にバックアップされている。彼らは、憲法修正第二条は拳銃の保持を自宅のみに限定していないと主張し、最高裁の決定を要求した。しかし、最高裁は、憲法修正第二条に関する上記2つの聴聞を理由なしに拒否した。

最高裁は、憲法修正第二条が自己防衛のため家の外でも銃を保持する権利を保証しているかどうか、過去の幾つかのケースでも聴聞を拒否しているため、引き続き理由なき無言状態を続けている。最近、最高裁が聴聞を却下した同類のケースは2月24日に NRAの挑戦を拒否したことである。歴史的観点から裁判所が憲法修正第二条をどのように解釈しているかを知ることは一般の国民には困難であるが、銃規制論者と銃保持の権利を主張する側との間で論争的である。

最高裁が最も肝心な部分の決定を拒否している理由には、ニュージャージー州の法律を保持した米国上訴裁判所の判定、および他州の判例での下級裁判所の判定を尊重している可能性があると思われる。いずれにしても、公共場所で銃保持の権利を拡大する決定に関しては、ジョージア州の極端な例も含めて、各州の判断はかなり異なっているのが現状である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。