アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2014年5月6日 のアーカイブ

十代女子の妊娠率は大幅に減少

米国の十代女子の妊娠率は1990年のピーク時まで他のどの先進国より高かったが、近年著しく減少していることが判明した。保守州では十代女子の妊娠率が高く、また、人種間および州別の格差は残ったままである。ニューヨーク市では2011年から、無防備な十代の妊娠を防ぐ為、前代未聞のプログラムが提供されている。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。