アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

全米各地で広範に展開されているフラッキングは、数年、幾つかの論争的な問題と懸念が提起されている。ひとつは、発癌性化学物質と混合された莫大な量の水が地下の飲料水を汚染している可能性がある事である。別の理由は、政府や企業がクリーン.エネルギーを推進するため再生可能なエネルギー源への投資を促す努力を妨げ、引き続き化石燃料への依存を奨励している事に加えて、フラッキングは環境と人体に安全ではない証拠が確認されているからである。

フラッキングは、正式にハイドォウリック. フラクチャリングと呼び、日本語では水圧破砕法と解釈されている。これは、地中の岩内部に含まれる天然ガスを抽出するため、水及び化学物質を混合した高圧水を岩に注入して亀裂させ、地下を掘削する事でガスを井戸の頭部に放出するプロセスに言及する。掘削プロセスは垂直の場合もあるが、一般的に、岩石層に水平穿孔することで、ガスを放出させる経路を構築することが可能であると言われている。

カリフォルニア州のバイオロジカル.ダイバースィティ.センターCFBDによると、フラッキング作業には日常的にメタノール、ベンゼン、ナフタレン、トリメチルベンゼンを含む「多数の有毒な化学物質」が使用されている。それらの化学物質の25%は発癌性であり、これらの化学物質は帯水層や飲料水の経路に流れている証拠が多数あると科学者は指摘している。また、掘削と岩の破砕に関連性のあるメタン汚染によって水質は脅かされている。これは、フラッキング作業が実施されている地域で台所の蛇口から流れるメタン混入水に点火すると燃えることで、実際に水道水が汚染されている証拠が確認されている。

そのような観点から、水資源のリスク及び事故など何らかのフラッキングの影響がある州は、アーカンソー、カリフォルニア、コロラド、ルイジアナ、メリーランド、ミシンガン、ニュージャージー、ニューヨーク、ノース.キャロライナ、ノース. ダコタ、オクラホマ、ペンシルベニア、テキサス、ウェスト .バージニア、ワイオミングである。CFBDによると、カリフォルニア州にはロスアンゼルス、モントレー、サクラメント、サンタバーバラを含む10の郡で記録されている。長期的な旱魃に直面しているカリフォルニアでは多量に水を必要とするフラッキングは問題になっている。

このサイトの地図上に表示された著しく多数の骸骨マークは、フラッキング現場で何らかの事故および環境問題が発生したことを意味している。その中の幾つかの例は、2010年9月にノース.ダコタ州キルディアの天然ガスのプラットフォームで約246バレルのオイルと2,220バレルの水を漏洩させる事故が発生した。また、テキサス州のランバートンでは2011年4月に天然ガス井戸が爆発し、近くの州立公園の5エーカー(約20,000平方メートル)を燃やす事故が発生した。同州のイーグル.フォードの現場で2012年1月にオイル.タンクが爆発し、1時間以上燃え続いた火災により3人が負傷した。更に、2011年6月にはテキサス州のXTOエネルギーが所有するマーセラス·シェールの天然ガス掘削作業に近い北部ペンシルベニアの川にメタンが漏洩し、民間住宅の井戸を汚染した事件などがある。

フラッキングに関する連邦政府の環境保護庁(EPA)の法律は、「フラッキングのプロセスには水が不可欠な要素である」ため、EPAは安全飲料水法および清浄水法下で、逆流する廃棄物の処分および破砕液体の注入を規制している。しかし、清浄水を保護する環境団体は「フラッキングは連邦政府の主な環境規定から免除されている」として、EPAのこれらの法律には抜け穴があると指摘している。最近の議会の調査では、2005年から2009年までに19の州でフラッキングの化学物質として3,200万ガロンのディーゼル燃料が不法で地下に注入されたことが判明した。従って、環境団体は「彼らは、フラッキングのプロセスで使用される化学物質は安全であると主張しているにも関わらず、幾つかの掘削会社はフラッキング液体に使用された化学添加物の包括的リストを提供することを一貫して拒否している」とし、幾つかの天然ガス会社は「誠意のある行動をしていない」と指摘している。

反フラッキングの活動家:マット.デイモン

イリノイ州では昨年6月に厳しいガス掘削規制法を、カリフォルニア州では昨年9月にフラッキング規制法が制定された。ノース.ダコタ、テキサス、ペンシルベニア州も含めて他多数の州は既に何らかの法律を制定しているか又は検討中である。連邦政府にはフラッキングを規制する厳密な法律はほぼ存在しない状態である。従って、EPAは5月9日、フラッキング作業を行う会社に化学物質のリストを要請することを考慮しているとして、規制法の制定を暗示する発表をしたばかりである。いずれにしても、最近の気候変動の危機に関する専門家の警告に加えて、地中の岩体を亀裂させるフラッキングのプロセスは地震を引き起こしやすい環境を誘発すると指摘されている。特にフラッキングによる環境破壊、及び水質汚染による人体への影響に関する懸念は著しく高まっている。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。