アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

カリフォルニア大学サンタ.バーバラ校に近接するアイラ.ビスタで起きた殺戮事件には、男尊女卑及び女性支配の隠れた文化が垣間見える側面もある。また、犯人のエリオット.ロジャーは、女性嫌悪サイトPUA Hateのメンバーであり、活動的に投稿していたその内容は、ロジャーが典型的な人種差別主義者で暴力的な性格であったことを示唆している。

ロジャーは、殺戮を開始する前にユーチューブに掲載したビデオに自分の性的欲求を拒否した女性を全て殺害すると宣言し、137ページの殺戮計画でも女性を罰するとの表現を用いている。自分が望む相手なら誰とでもその欲求を満たすことが許されると思っているレイプ犯罪者に共通した傲慢さがあった事を示唆している。ビデオで告白したとおり、ロジャーは長年その欲求を満たすことが出来なかったため、女性嫌悪が募り、女性は罰を受けることが当然であると思い込んでいた。ロジャーの行動と言動は、歴史的に存在し、多くの国でまだ残っている男尊女卑と女性支配の文化を反映している側面がある。肉体的に女性をいつでも征服出来るという男性による女性支配の欲望はレイプや家庭内暴力という形で顕れる。2010年の全国同居パートナー&性暴力調査が公表した報告によると、米国女性の3人に一人は、人生のある時期に男性の同居人又はパートナーからレイプ及び肉体的暴力を受けた経験がある。普通の人生を歩んでいたとしても、ロジャーのような男性は家庭内暴力の主犯者になり得る可能性がある。

また、ロジャーは人種に対する執拗なほどのこだわりがあり、異人種間結婚を含む異人種間の男女友好関係を異常なほど否定していた。公民権ウォッチドッグ組織の南部貧困法律センター(SPLC)によると、ロジャーは頻繁に白人女性に対する欲求不満と人種差別的な文章を投稿していた。1月に投稿した『一人の黒人男性が4人の白人女性と座っている』とのタイトルの文章では、「少数派の男性と社交的である白人女性を侮辱する表現」を表している。その投稿の内容は、「今日、カレッジ近くを運転している時、極端に激怒するようなものを見た。レストランを過ぎたところで、黒人男性がホットな4人の白人女性と一緒に居るのを見た。彼は格好良い奴じゃなかった。その日の遅く、トレーダー.ジョーズで買い物をしている時、インド系の男性が、外見的には平均以上の2人の白人女性と一緒にいるのを見た。君たちは、今日見たこのような光景に何の憤りも感じないですか?出かけた時このような事を見たら嫌悪しないですか?人生を止めたくなりませんか?」と書いていたという。

しかし、誰かがロジャーを「人種差別主義者だ」と批判する投稿をした時、ロジャーは、白人女性が自分ではなく、このような「不相応」な男性に関心を持っているのが信じられないと反応したという。「このような男性達はどのようにそうしているのか分からない。今日、劣った不相応な男達がホットな白人女性達と歩いているところを見たとき、僕はPUA Hateで苦しんでいる」と述べ、黒人男性と複数の白人女性が一緒にいる行動は「意味をなさない」と書いている。SPLCは、ロジャーは女性を嫌悪しているだけでなく、黒人を嫌っている内容の文書であると指摘している。また、1月に投稿された別の文書で、アジア系の男性が、ある特定のシューズを履けば、白人女性を引きつけるのではないかと尋ねたところ、ロジャーは、「靴は白人女性を得る事には役立たない。白人女性は、ばかげた小さなアジア人の君たちにうんざりしている」と書いている。

更に、別のアジア系の男性が魅力的な白人女性と撮影した写真を投稿してロジャーに反応したところ、ロジャーは、その写真は偽物だと主張し、「多くのアジア系男性はひどく醜いので、白人女性は君らには見向きもしない。君はくだらないアジア人として生まれたことに傷ついているので、偽物の写真をリンクすることで暴言を吐いている。白人との混血であることを望んでいることを認めている。君は白人との混血になることも白人女性と結婚する夢を満たすことも絶対に出来ない。橋から飛び降りることを提案するよ」と記載している。通常のソーシャル.メディアの投稿文には考えられない有色人種に対する嫌悪感と憎悪を露骨に表現している。

PUA Hateでの投稿文に見られるように、ロジャーの言動には暴力的な徴候があったようである。ロジャーの母は、感じることがあって事件の前からロジャーの事を心配し、4月のある時点で彼のアパートを点検してくれるよう警察に依頼した。4月30日、彼のアパートを訪問した警察官は、ロジャーが所持していたはずの3つの拳銃と多数の弾丸、および137ページの殺戮計画を発見することは出来なかった。むしろ、警察当局は態度の印象が良かったロジャーを問題はないと判断した。ロジャーは内心、警察が全てを発見し計画が阻止されることを恐れていた。26日のCBSニュースによると、ロジャーの母は、事件寸前に殺人を宣告しているユーチューブのビデオに気付き、警察に警告し、離婚した夫にも知らせたという。彼らが現場に到着した時はすでに手遅れだった。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。