アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

最高裁は27日、知的障害者の死刑を決定する際、I.Q テストを基準にしているフロリダ州の死刑慣行を 5対4で憲法違反であると決定した。最高裁は、過去の判例で知的障害者の死刑を全ての州に禁止したが、現在その決定は必ずしも遵守されていない。

Hall vs. Floridaの判例で、フロリダ州は知的障害者の死刑を決定するためI.Q テスト70を閾値として使用することを決定していた。つまり、70または其れ以下の採点の場合に知的障害者であると見なすという基準である。殺人者のフレディ.リー.ホールは知的障害者であると判定されていたが、其の後、I.Q テストの結果71点を取得した為、フロリダ州最高裁はホールの死刑は合法的であると判定した。I.Q テスト70の閾値は合法的であると判定したフロリダ州最高裁に対して、米国最高裁はI.Q試験には誤差があるため、囚人が知的障害者であることを判断する基準にはもっと他の証明が必要であると指摘した。

米国最高裁のアンソニー.ケネディ判事は多数派の意見を代表し、「知的障害者に対するフロリダの厳格な死刑の規則は容認できないリスクを発生させるため違憲である」と表明している。フロリダの法律は、「我々の国家の義務を反映している憲法修正第八条の尊厳の保護に違反する」とし、「死刑は我々の社会が課す最も深刻な刑罰である」と述べている。更に、その最も厳しい処罰に直面した人々は「憲法が彼らの死刑を禁じている」ことを示すための公正な機会を与えられるべきであるとの主旨の声明文を発表している。

最高裁は早くから、米国全ての知的障害者の死刑は憲法違反であることを明確にしている。2002年2月のAtkins vs. Virginiaの判決で、米国最高裁はバージニア州最高裁への移送令状で「米国憲法修正第八条に基づき、知的障害者に対する死刑は残酷であり異常な罰則として禁止する」と判定した。それにも関わらず、幾つかの州では独自の多様な基準を定めているため、2002年の米国最高裁の決定は遵守されていない。例えば、ジョージアやテキサス州は知的障害者に対する更に厳しい死刑基準を設定していると言われている。

今日最高裁は、フロリダ州のI.Qテストに基づく知的障害者の死刑決定を違憲であると判定し、知的障害者への死刑禁止を再度強調した。しかし、ケネディ判事は2002年の最高裁の判定を遵守せず、独自の基準を定めている他の州の立場を明白にしていないため、それらの州がどのような影響を受けるのか不明である。明白な点は、知的障害者の死刑決定に関して、I.Q テスト70を基準にしているフロリダ州の法律は無効になるため、ホールは新たな罪罰の判定を待つことになる。基本的に、米国最高裁の多数派は知的障害者に死刑を宣告する必要はないとする立場を表明している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。