アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

  虚血性脳梗塞                    内出血性脳梗塞

最近、科学者は赤身の肉を除くタンパク質が多く含まれる食品は脳卒中を減少すると発表した。食生活の習慣も大事であるが、脳卒中の要因を知ることは非常に重要である。ホプキンス大学は制御可能な脳卒中のリスク要因、制御不可能な要因、及び他に考慮すべき脳卒中の危険要因について簡略的に説明している。

先週発表された神経学団体の研究によると、脳卒中のリスクの高い254,000人以上を対象にしたグループ別の実験で、最も高いタンパク質を摂取しているグループは、そうでないグループに比較して脳卒中のリスクが低いことが判明した。この研究の分析は1日20gのタンパク質摂取が脳卒中のリスクを26%減少させることを明確した。しかし、この研究では、植物性タンパク質より動物性タンパク質が幾分有効であることを示しているが、野菜に含まれる蛋白質との厳密な違いは判明していない。また、赤身の肉は含まれておらず、鶏肉や魚などの蛋白質を奨励している。タンパク質の高い他の食品には、玉子、ミルク、チーズおよび豆類などがあげられる。

脳卒中のリスクは年齢に関係なく誰にでもあるが、食生活に注意した上で、リスクの要因を知ることが重要である。ジョンズ.ホプキンス大学医学部の科学者は、制御可能な脳卒中のリスク要因は沢山あると指摘している。脳卒中のリスクを最もコントロールできるのは高血圧であるという。高血圧は、脳に血液を供給する動脈と呼ばれる血管を損傷する原因にもなるため、血圧を低下させることで脳卒中のリスクを減少させると述べている。次に心臓病は脳卒中の二番目にリスクがあり主要な死因である。心臓病や脳卒中には同じ危険因子が多くあるという。

また、糖尿病は制御可能であるが、糖尿病になると脳卒中のリスクが増加する。糖尿病の人は、糖尿病でない人より脳卒中のリスクは2〜4倍高い。糖尿病の人の血圧は、脳卒中のリスクを減らすため130/80又はそれ以下であることを奨励している。4番目の危険因子は喫煙である。喫煙はほとんど虚血性脳梗塞(脳に血液を供給する血管の閉塞)のリスクを倍増する。経口避妊薬の使用は、特に喫煙と偏頭痛の組み合わせがあると脳卒中のリスクを増大させる。その他、一過性脳虚血発作、高い赤血球数、高い血中コレステロールおよび脂質、運動不足、肥満、過度のアルコール使用、薬物乱用、心房細動(不整脈)など異常な心臓のリズム、損傷した心臓弁などによる心臓の構造異常なども脳卒中のリスク要因である。

しかし、制御不可能な脳卒中の危険因子もある。それらは(1)年齢:55歳以上は脳卒中の危険は2倍になる。(2)人種:黒人は白人よりも脳卒中による死亡や障害のリスクがはるかに高い。記録的に黒人の人口は高血圧の発生率が高いことも一因である。(3)性別:脳卒中の頻度は男性の方が女性より高いが、脳卒中による死亡率は女性の方が高い。(4)脳卒中の前歴:脳卒中を一度経験した人は、一度も経験していない人より何倍ものリスクがある。(5)遺伝または遺伝学:脳卒中の家族歴がある人は、全くない人より脳卒中を経験する可能性が遥かに大きい。

脳卒中の危険要因は他にも考慮すべきことがある。例えば、住んでいる環境も無関係ではなく、南東に住んでいる人に脳卒中を経験する人口層が多いという。おそらく、地域の違いによるライフスタイル、人種、喫煙および食事に起因すると思われる。また、極端な温度が続く期間に脳卒中で死亡する頻度は高くなるため気温、季節、気候なども要因である。最後に社会経済的要因が考えられる。脳卒中は低所得者に多いという証拠があると述べている。

疾病管理予防センターによると、米国では脳卒中が最も高い死因率である。脳の一部に血液供給が遮断された時、または脳の一部に損傷を引き起こす脳内の血管が破裂した時、脳卒中は発生する。これは、遺伝など脳卒中のリスクを減少させることは難しい要因もあるが、食生活を含むライフスタイルの変化も含めて、脳卒中のリスクを減少させる要因は沢山あることを伝えている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。