アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

米国最高裁は16日、銃の密売買に関する連邦政府の銃規制を5対4の票差で支持する判定を下し、虚偽の情報に基づく銃のストロー購入は如何なる事情があろうと違反であることを明白にした。

この判定は、一般的にストロー購入と呼ばれている第三者の為に銃を購入する不正手段も含む銃の密売に関して規定する連邦政府の法律を支持したものである。連邦政府は、犯罪者が通常の銃販売の展示場または店舗で購入せず、バックグランド.チエックに合格した家族や知人など第三者が購入することで、購入の記録を残さず銃の入手を可能にする銃の密売買慣行を禁止している。これは不法であるばかりか、犯罪に結びつく最も危険な銃規制の抜け穴である。

原告のブルース.アブラムスキーは元警官であるが、警察官の身分証明を利用することで割引が可能であるため、別の州に住む彼の叔父のために銃を購入した。その際、購入申請書に自分のために購入するとの虚偽の記載をした。アブラムスキーは、この行為は不法であることを承知していたが、購入の目的は犯罪者に渡すためではないため、危険な第三者が入手しない限り脅威はないと主張した。

アブラムスキー対アメリカ合衆国の裁判で、大多数の意見を代表したエレナ.ケーガン判事は、アブラムスキーの主張を否定し、連邦政府の銃器法で免許を取得している販売店での購入結果として、銃購入者の身元証明以上に重要な情報はないと述べた。また「虚偽の銃購入は、購入者が密売買に関与していなくても現行法では処罰可能である」として連邦政府の銃規制を強調した。

16日の最高裁の判例は、連邦政府のストロー購入に関する銃規制が犯罪者の手に銃が渡らないことを目的とし、法務執行当局が銃犯罪の捜査を容易にするため、第三者による代理購入を原則的に禁止していることを明白にしている。従って、最高裁の判定は連邦政府の主な銃購入の規制法を保護したことになる。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。