アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2014年7月9日 のアーカイブ

オバマ氏のDACA政策は児童不法入国の主要因ではない

複数の共和党は、中央アメリカから不法移民が殺到している主要因は、児童到着の遅延行動(DACA)と呼ぶオバマ大統領の移民政策であると主張しているが、必ずしもそうとは言えない幾つかの証拠がある。米国は、エルサルバドル、ホンダラス、グアタマラの3カ国から亡命希望者が増えているが、これらの隣国である多数の国にも亡命申請が急増している。また、他国に流出している子供達の多くは自国で治安が悪く、ギャングの暴力を身近に体験または目撃し、恐怖が動機であることを示す事例もある。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。