アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2016 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

オバマ大統領は、昨日マレーシア旅客機がウクライナ東部で地対空ミサイルに撃墜された事件を受けて、今日東部時間正午頃、ホワイトハウスで短い記者会見を行い、すべての犠牲者の死はウクライナ危機とは何の関係もない為「表現できないほどの憤り」を感じる事件であると述べ、「これは世界的な悲劇です」と表現した。また、「多くの国からの市民で満席だったアジア旅客機はヨーロッパの空上で破壊された為、何が起こったのか信頼できる国際的な調査がなければならない」と語った。また、当局者は298人の死亡者の中で搭乗していた米国市民は少なくとも一人であったと報告し、「私たちの思いと祈りはこの無惨な損失を受けた家族と共にあります」と追悼の意を表明した。

また、ウクライナで支配しているロシアが後ろ盾になって分離主義者に責任がある証拠があるとし、このグループはロシアから地対空兵器を含む武器を受理し、ロシアからの着実な支援を受けていると述べた。また、「我々が見たすべての無惨な画像で明らかにされている真実を誰も否定することはできない」と述べ、「世界の目はウクライナ東部にあり、私たちは真実を明確にする」と語った。

オバマ氏は、ロシアの大統領はウクライナでの暴力を抑制する力がありながら、それを選択しなかったことを批判した。また、ロシア、ロシア支持の分離主義者、ウクライナは即時停戦を宣言する必要があるとし、「この法外な出来事はウクライナでの平和と安全を回復する時であることを認識することが重要である」と語った。また、「重装な軍備及びウクライナに戦闘者が流れる事を許可するつもりはないことをプーチン氏が決定すれば、それは停止する」と述べた。マレーシア旅客機撃墜に対するオバマ氏の追悼声明は、ウクライナでの状況を悪化させているプーチンの責任と平和交渉への決断を強く求めていることを示唆している。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。